西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

寝たきりにならない筋力トレーニング

 


おかげさまで売れています。

処女作「続けられるダイエット」発売中。

西荻窪、千歳烏山のお腹痩せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

日本のメタボリックシンドローム(予備軍を含む)人口は約2000万人。

社会的に豊かな日本においてその人口はますます増えており、現代の社会問題と化しています。

 

 

 

 

そのメタボと同じくらい危惧されているのがロコモティブシンドローム運動器症候群)です。

ロコモとは筋肉、骨、関節などが弱くなり、「立つ」「歩く」「走る」ができなくなってしまう状態のこと。

つまり、このロコモになると寝たきりになってしまいます。

これも日本が豊かになったことによる現代病といえるでしょう。

 

今の日本人の健康に必要なのは「運動」です。

それも正しく運動をすること。

 

今回は「寝たきりにならない」筋力トレーニングについてお伝えします。

 

 

寝たきりにならない筋力トレーニング

 

死ぬまで自分の足で歩くにはどうすればいいでしょうか。

その答えは下半身の筋力トレーニングです。

 

私の友人は「ウォーキング」をして、普段から健康を維持しています。

「ウォーキング」は「体脂肪を落とす」、「心臓の健康を維持する」という面で効果があり、

普段から習慣づけてほしいと私も考えている運動です。

 

ですが、「寝たきり」を予防するとなると少し話は変わってきます。

「ウォーキング」は確かに健康に必要な運動ですが、人間の筋肉は30歳から1%ずつ落ちるといわれています。

つまり、普段と同じ負荷のウォーキングではそのうち筋力が落ちてきてしまいます。

そこで、自分の足で死ぬまで歩くには筋肉を鍛えることが必要になってくるのです。

 

寝たきり予防には膝を曲げる「スクワット」運動がお勧めです。

 

 

①肩幅で立つ

②右足を一歩前に踏み出す。

③その姿勢で膝を曲げ伸ばしする

 

右足の運動が終わったら、足を入れ替えて10回~20回

この運動を2セットずつ、週2~3回行いましょう。

「立つ」「歩く」動作に必要な「もも」「お尻」周りを鍛えられ、ロコモを予防することができます。

 

 

筋肉をつけるには筋力トレーニングしかありません。

 

筋肉をつけるには筋力トレーニングしか方法がありません。

これは格好いい体を作る場合も、体力を維持する場合も同じです。

 

このサプリメントを飲むだけでお腹が割れた。

という健康食品の広告がありますが、もしそれが本当であれば私も欲しいです。

 

ですが、お分かりの通り、負荷をかけてその筋肉を動かすことをしないと筋肉はつきません。

つまり、寝たきりにならないようにするには「自分の足を動かす」しか方法がないのです。

 

筋力トレーニングはお金のかからない投資ですから

是非、寝ている自分の筋肉を使って「寝たきりにならない体」に投資をしてください。

 

 

 

トレーニング ロコモ

この記事に関連する記事一覧