西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

ダイエット最高の公式 筋トレ→有酸素→ストレッチ

 


ボールを持つ男性と前屈する女性

 

みなさんはどんな運動でダイエットしていますか?

 

有酸素運動?

 

筋トレ?

 

それともストレッチ?

 

ここに上げた3つの運動、実は組み合わせ方でもっとダイエット効果を出すことができます。

では、どのように組み合わせれば効果が出るのでしょうか?

 

この記事では、それぞれのトレーニングのメリットとその組み合わせ方をお伝えします。

 

・とにかく成果を出したい

・トレーニングを続けているがダイエットが頭打ち

 

の方におすすめです。

 

 

まずは筋トレ

腕立て伏せの姿勢をとる女性の後ろ姿

 

最初に選ぶべきは筋トレです。

筋トレのメリットに「基礎代謝の向上」があります。

 

「基礎代謝」とは人間が生きていく上で、最低限必要なエネルギー。

 

この基礎代謝を上げることで、脂肪をエネルギーに変えやすい「燃費がいい体」にすることができます。

 

まずは筋トレで筋肉をつけ、リバウンドしづらい体を目指します。

 

 

筋トレの後有酸素運動

トラックを走るスポーツウェア姿の女性

 

ダイエットの定番、ランニングやジョギングは、筋トレの後に行いましょう。

 

筋トレ中と後は、脂肪を分解するアドレナリンや成長ホルモンが分泌されるので、この状態で有酸素運動を行うと、効率良くお腹の脂肪を落とすことができます。

 

最も脂肪が燃焼しやすいのは、息があがらない程度の運動なので、ランニングが苦手な人でも大丈夫。

 

ジムで筋トレしたら、ランニングマシンで「歩き」ましょう!

 

 

最後の締めはストレッチ

芝生の上に座り前屈する女性

 

筋トレ→有酸素運動をしたら、最後の締めはストレッチです。

 

ストレッチというと「体を柔らかくしたり」「痛み」を取るために行うイメージがありますが、それだけではありません。

 

運動後にストレッチする理由は2つあります。

 

1つは筋肉の緊張を解くこと

2つ目は疲労した筋肉を回復をさせることです。

 

筋肉の緊張を解き、疲労回復させることは怪我の予防につながります。

 

トレーニングの後にしっかりストレッチするアスリートほど、怪我が少ないのはそういう理由からです。

 

アスリートほどでないにしろ、トレーニングを頑張るのはダイエットでも同じ。

 

ジムで体を動かしたら、5分だけでも体をほぐしましょう。

 

 

ダイエット最高の公式 筋トレ→有酸素→ストレッチ

ダイエット最高の公式は筋トレ→有酸素→ストレッチ

 

です。

 

何か特別な方法に思われますが、実は以前からありました。

 

新しいトレーニング法が出てくるにつれ、存在が薄くなりましたが、非常に効果のあるダイエット法です。

 

もし、今

 

「筋トレしかしていない」

「有酸素運動しかしていない」

「ストレッチしかしていない」

 

というのであれば、是非この方法にチャレンジしてください。

 

少し時間がかかるのが難点ですが、今まで以上に体の変化が実感できるはずです。

 

ダイエット トレーニング

この記事に関連する記事一覧