西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

痩せる運動、痩せない運動

 


絶賛ダイエット中、40代から始める「お腹痩せ」ダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

最近、プライベートでトレーニングをしている時に良く感じることがあります。

それは「痩せる人」「痩せない人」には運動方法に特徴があるということ。

 

同じ時間を過ごすなら、絶対に体に変化を出したいですよね。

ダイエットを成功させるには色々な要素が必要なので、ここで全て伝えることはできませんが

ダイエットのために運動する時の注意点を今回の記事であげています。

 

少し専門用語も使っていますが、これを読んでいるあなたに少しでも「痩せる運動」「痩せない運動」が伝われば嬉しいです。

 

 

痩せない運動・・・運動がきつくない

 

 

ほぼ、同じ時間に来られるジムの会員の方がいます。

仮にAさん、Bさんとしましょう。

 

二人ともトレーニングの最初にスクワットをしていました。

 

Aさんは結構は苦しそうな顔をしながら運動をしています。

一方、Bさんは涼しい顔でスクワットが終わりました。

 

それから3か月後、このお二人の体にどんな変化が出たと思いますか?

Aさんは明らかにウェスト周りがすっきりして、ウェアも一回り小さいものになっていました。

一方のBさんは見た目にはあまり変わったように私には見えませんでした。

 

その時のトレーニングを見比べてみると

Aさんは3か月前より重いバーベルでスクワットをしていました。

一方のBさんは3か月前と同じ重さのバーベルでスクワットをしています。

 

なぜ、3か月でこれだけ体の変化に差ができたのか?

 

それはAさんは「きつい運動」を続けていて、Bさんは「きつくない運動」を続けていたからです。

 

実は日常生活よりきつい運動をしないと筋肉はつきません。

これを「過負荷の原則」といいます。

 

「運動を続けているのにお腹が全然変わらない」と感じたら、運動内容を見返してみてください。

もし、今あなたが「きつくない」運動をずっと続けているとしたら、もったいないことをしているかもしれません。

 

 

「痩せる運動・・・体のどこが変わるか意識しながら運動する」

 

 

どう変わるか意識しながら運動することで体は変化しますが、

逆に意識しないで運動を続けると逆効果になってしまうことがあります。

これを「自覚性(意識性)の原則」といいます。

 

お恥ずかしいことにこれは過去の自分がそうでした。

 

ウェイトトレーニングを始めた21歳のころ、ただ人の見よう見まねでトレーニングを続けていました。

マッチョな人がやっているからベンチプレス、スクワット、腹筋というパターンです。

この時は半年間ほとんど体の変化が出ず、かなり悩みました。

 

それからトレーニングの勉強を始め、体の変化を意識しながら運動を続けたことで体に筋肉がついてきて、今に至ります。

 

パーソナルトレーニングでも同じことがありました。

 

例えば、以前担当させていただいた50代の女性は運動が嫌いでしたが、私の話をよく聞き、運動の意味を理解しながらパーソナルトレーニングを受け続けていました。

その結果、6か月で12kgも体重を落とし、念願のドレスを着て私に嬉しそうに話しかけてきてくれたことを覚えています。

 

一方、30代で元気な男性のトレーニング指導をさせていただいたことがありますがこの方は実は当初、体がほとんど変わりませんでした。

というのは「ただ運動をしていた」からです。運動の目的を理解しないでただ続けてしまうとやはり体は変わりません。

 

計算式を解くのに法則があるように、ダイエットにも法則があります。

今の方法が正しいのか、是非考えながら運動を続けてみてくださいね。

 

 

 

 

ジム ダイエット トレーニング メタボ 運動

この記事に関連する記事一覧