西荻窪 千歳烏山 ダイエット

西荻窪・千歳烏山「運動が嫌いな40代女性」専門ダイエット指導

【久我山・吉祥寺ダイエット】ダイエットにありがちな「痩せない」運動を解説します

 


向き合いながらしゃがむ男性と女性

 

絶賛ダイエット中

久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。

 

最近、自分のトレーニングをしている時に良く感じることがあります。

それは「痩せる人」「痩せない人」には運動方法に特徴があるということ。

 

同じ時間を過ごすなら体に変化を出したいですよね。

 

ダイエットを成功させるには色々な要素が必要です。

こちらでも書きましたが、ただ運動すれば痩せるわけではありません。

 

この記事では「痩せる運動」「痩せない運動」の違いについてお伝えします。

 

 

痩せない運動・・・日常生活とキツさが変わらない

 

ダンベルに猫が寄り掛かっている

 

私がプライベートで通っているジムで見た光景をお話ししましょう。

 

ほぼ同じ時間に来られる会員の方がいました。

仮にAさん、Bさんとします。

 

二人ともダイエットのためにジムで1時間ほどトレーニングされているようでした。

 

Aさんは苦しそうな顔をしながらスクワットを続けていました

一方、Bさんは時々スマホを見て、トレーニングを中断しながらスクワットをしていました

 

それから3か月後、このお二人の体にどんな変化が出たと思いますか?

 

Aさんは明らかにウェスト周りがすっきりして、ウェアも一回り小さいものになっていました。

一方のBさんはあまり見た目が変わったように見えませんでした。

 

なぜ、3か月でこれだけ体の変化に差がでたのでしょうか?

 

それは、Aさんは「キツい運動」を続けていて、Bさんは「キツくない運動」を続けていたからです。

 

日常生活より負荷の高い運動をしないと筋肉はつきません。

これを「過負荷の原則」といいます。

 

例えば、普段500gのカバンを持っている人が、同じ重さのダンベルで腕のトレーニングしても筋肉はつきません。

その場合、1㎏のダンベルに持ち替えてトレーニングをした方が効果は出ます。

 

「運動を続けているのに体形が全然変わらない」と感じたら、運動内容を見返してみてください。

もし、今あなたが「キツくない」運動をずっと続けているとしたら、もったいないことをしているかもしれません。

 

 

痩せない運動・・・目的がわからないまま運動を続ける

ダンベルを持つ黒いTシャツ姿の女性

 

目的を理解しながら運動することで体は変化します。

これを「自覚性(意識性)の原則」といいます。

 

この原則を無視して運動を続けても体は変わりません。

 

お恥ずかしいことにこれは過去の自分がそうでした。

 

ウェイトトレーニングを始めた21歳のころ、ただ人の見よう見まねでトレーニングを続けていました。

この時は原則を無視してトレーニングを続けていたため、体の変化が出なかったことを覚えています。

 

実はパーソナルトレーニングでも同じことを経験しています。

 

ある50代女性の場合、一つ一つのトレーニングの意味を理解しながらパーソナルトレーニングを受け続けてくださいました。

運動は嫌いな方でしたが6か月で12kgも体重を落とし、好きな服が着られたことを嬉しそうに話してくれました。

 

一方、なかなか体が変わらない方から相談をいただく場合、「ただ運動をしている」ケースが多いです。

目的がわからないまま運動を続けても体に変化は出ません。

 

計算式を解くのに法則があるように、ダイエットにも法則があります。

今の方法が正しいのか、是非考えながら運動を続けてみてくださいね。

 

 

ダイエット 運動

この記事に関連する記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。