西荻窪 千歳烏山 ダイエット

西荻窪・千歳烏山「運動がきらいな40代女性」専門ダイエット指導

認知症予防に運動を

 


西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット」専門トレーナーの小森です。

 

認知症が原因と思われる交通事故、という悲しいニュースを見ました。

 

高齢者運転でまた悲劇 「生活の足」…進まぬ免許返納

 

被害者が亡くなったこともあり、テレビやラジオで大きく報道されていましたが
このような事故は報道されないだけでかなり多いのではないかと思います。

認知症による交通事故は防げないことなのでしょうか?

 

 

認知症は国民病

厚生労働省の発表では認知症の人は約462万人(2012年)。
これは65歳以上の高齢者のうち15%であり、前段階である軽度認知障害(MCI)も合わせると
65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍”であることがわかっています。

 

さらに2025年には認知症患者は700万人になるといわれています。
これは2012年の約1.5倍であり、65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍です。

 

超高齢化社会を迎える日本で認知症はもはや他人事ではなく、国民病。
自分が認知症にならないという保証はどこにもなく、一人一人が予防する心構えをもつことが大事といえるでしょう。

 

 

認知症予防にウォーキング

 

%e9%81%8b%e5%8b%95

 

では、認知症の予防に効果的なことは何なのか?

 

それはやはり「運動」です。

特に下半身を使った運動は脳の「海馬」を刺激することがわかっています。

 

ストレッチをしたグループとウォーキングを行ったグループで海馬の容積を比べたところ、
ウォーキングをしたグループは海馬が大きくなっていたという実験結果があります。

「海馬」は情報の整理や記憶を司る脳の場所で、年を取ると委縮することがわかっています。

海馬の委縮は認知症の原因の1つ。

つまり、海馬の委縮を防ぐウォーキングは認知症予防に効果的であるといえます。

 

また、ウォーキングは内臓脂肪を減らす効果もあります。
ウォーキングは肥満や生活習慣病の予防だけでなく、認知症も予防できる万能な運動といえるでしょう。

 

 

病気は予防するという考え方

 

%e3%82%b7%e3%83%8b%e3%82%a2

 

色々な意見があると思いますが、生活に車が欠かせない人やドライブが趣味という人から

「運転」を奪ってしまうことはやや乱暴だなと感じます。
「生きがいを奪われる」「できていたことができなくなる」ということが
どれだけその人にとって、ショックなことか・・・

 

その前にできることはたくさんあります。
運動は万能の薬です。

是非、高齢者でない方も積極的に歩いて、生涯健康でいましょう!

 

先日の事故はパーソナルトレーナーとしてとても考えることが多い出来事でした。

今回は本来のダイエットのテーマからは離れてしまいまいましたが、
「病気は予防するもの」という考え方が少しでも広まれば嬉しいです!

 

 

ダイエット トレーニング メタボ 健康 運動

体育の成績は「2」でした

 


 

西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット」専門トレーナーの小森です。

 

私はよくお客様との会話で気づいたことをブログの内容にさせていただいています。

 

先日、とある方を指導していた時に
「小森さんって運動は得意なんですよね」
と聞かれました。

 

「はい、得意です!サッカーも野球も50m走もクラスで1番でした!!!」
と言いたいところですが、実は全然違います。

 

私は小学校から高校を卒業するまで体育の成績はずっと「2」でした。

 

 

逆上がりができない小学生。懸垂は「1回だけ」の高校時代

 

少し、昔のことを振り返ってみましょう。
あれは約25年前、バブルが崩壊したころの話です。

当時私は確か小学校3年生でした。

 

今も昔も実はスポーツと名のつくものがあまり好きではなくて

(トレーニングと格闘技は大好きです♪)
もちろん体育の授業は嫌いな科目でした。

 

ある日、体育の授業で出された種目が逆上がり。
鉄棒でぐるっと回るあれです(大雑把な説明)

 

もちろん得意な子は簡単にやってのけます。
当時はできた子から次の種目を行っていて
できない子はできるまで居残りで練習をさせられました。

 

しかし、一人で練習してもうまくできず
友達に放課後も練習を付き合ってもらい
逆上がりができるようになったのはクラスの中で一番最後でした。

 

 

%e6%87%b8%e5%9e%82

 

もちろん、体育嫌いは高校まで続き、50m走は7秒台後半(高校3年生の平均は7秒28)
懸垂は1回だけ(同、平均は9回)、サッカーのリフティングはできたのは2回のみ。

 

それくらい運動神経がない子供だったんですね。

記憶がかなりおぼろげなのは昔のこともありますが
本当に嫌いだったから忘れてしまったんだと思います。

 

その後に格闘技を始めてから体が変わってくるのですが
今でも「スポーツ」をするのはあまり好きではありません。
特に球技は見るだけで、やるのは好きではないです。

 

 

運動が苦手だったからこそ、できない人のための指導を心掛けています

 

運動自慢(?)はここまでにして本題に入りたいと思います。

 

私のところに来られるお客様は「運動は好きじゃないけど、健康のために体を変えたい」という方ばかり。
「運動が好きじゃない」というのは小学校から高校までの私と同じですね。

 

自分自身、運動が苦手だったからこそ、お客様が続けられる運動指導を心掛けています。

 

自分の経験から言えますが、運動嫌いな人が続けるコツは「楽しい」運動をすること。
私が大学から格闘技とウェイトトレーニングを始めて、今まで続いているのは「楽しかったから」です。

 

そこで私が心掛けているのは「楽しく続けられて」「結果の出る」運動指導。
お客様が「できないこと」や「やりたくない」と思った運動は指導していません。

 

 

%e5%ae%b6%e6%97%8f%ef%bc%92

 

もし、パーソナルトレーニングに対して
「もの凄く厳しいんじゃないか」
「やりたくない運動をずっと続けるのはきついなあ」

と思われているのではあれば、是非、初回相談にお越しください。

 

ご家族やあなた自身が幸せになるための「続けられる」ダイエットを指導します!

 

 

 

bottum3-3

 

 

トレーニング モチベーション 健康 運動

【久我山・吉祥寺ダイエット】セミナー開催報告

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

10月15、16日にセミナーを開催させていただきました。

今回開催したのは「モチベーションテクニック」学ぶ「フィットネスモチベーター」認定講習会。

 

「モチベーションテクニック」とは”楽しくて続けられる運動”を指導できる技術。
そして、「モチベーションテクニック」を使って運動指導ができるトレーナーを「フィットネスモチベーター」といいます。

 

「モチベーションテクニック」を考案したのは
卓球の福原愛選手や青山学院大学陸上部のトレーナーとして有名な「中野ジェームズ修一」先生。
現在までに1000人近くの人がこの技術を学びました。

 

一般の運動指導の資格と違うのはクライアントの性格を考えながら指導ができること。
その分、セミナー中はいつもは使わない脳みそを使います。

 

課題は一人では答えを出すことが難しいものばかりです。
セミナーはグループワークが中心の内容ですが、集団で考えてもなかなか答えは出ません。

(写真の奥に移っているのが私です。珍しくスーツを着ています笑)

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92

 

ただし、ここで大事なのは答えを知ることではなく、「どういう風に指導したらクライアントが運動を続けたいと思うようになるのか」を学んでいくことです。

動画を見ながら、クライアントの性格を考える実践的なワークも行いました。

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%93

 

長時間のセミナーでしたが、集中力を切らすことなく皆さんついてきてくれました。
12時間、話を聴いて、頭を使うのは大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91

 

パーソナルトレーナーという仕事に対する思い

 

Trainer im Fitnessstuido

 

トレーナー経験が4年しかない私がこの資格を発行しているのは理由があります。

それは「トレーナー」という仕事をもっと世間に身近なものにしていきたいからです。

 

これから先、日本はますます長寿社会になっていくでしょう。
長寿であるということは幸せな時間が伸びることで喜ぶべきですが、
その一方で日本の医療費は年々膨らんでいます。

 

ご存知の通り、日本国民は全員、健康保険に加入しています。
しかし、このまま寿命が伸び続ければ、世界でも稀な福祉制度も近い将来破たんを迎えるかもしれません。

 

これから先、自信の健康は自分で守ることが本当に重要になってきます。
その時に健康をサポートできるトレーナーは社会的に需要がある職業です。

 

運動で筋肉をつけて、免疫力をあげることは1番の病気の予防。
健康的で正しい運動を指導できるトレーナーが一人でも増えてくれたら
という思いで今回の講習会を開催しました。

 

トレーナーの育成はこれからも続けていきます。
今回の講習会はいつもと違うやりがいを感じた貴重な2日間でした。

 

 

 

トレーナー育成 トレーニング モチベーション

【久我山・吉祥寺ダイエット】毎日5分の運動で痩せる方法

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

朝から夜まで働くビジネスマンの方は運動の時間を取るだけでも大変。

 

「運動をしたいんだけど、時間がな~」
「しなきゃといけないと思うけど、時間がないんだよね。」

 

以前、会社勤めをしていたこともあるので、そのお気持ちはよくわかります。
日付が変わるまで働いて、朝も早い。
休日も家族サービスや仕事があって大して休めない。

それでは運動する気力も時間もなくなりますね。

 

そんな忙しい方のために短時間で終わるトレーニング法を今回はご紹介します。
スマホを見ている時間があればできますので、是非ご自宅で始めてみてください。

 

 

毎日5分、1か月続けたい運動

「忙しくて時間がない」が口癖のあなたには毎日5分の下半身筋トレをお勧めします。
下半身は筋肉量が多く、ダイエットを始めるならまず鍛えなければいけない箇所です。

 

その方法は簡単。

椅子を1つ用意してください。

 

①肩幅に立つ
②頭の後ろか胸の前で手を組む
③お尻を下す
④お尻が座面についたら戻す

 

これを繰り返すだけ。
トイレの中でもできます。

便座のふたをして同じ運動をしましょう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%af%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%92

 

回数は5~20回を2~3セット

5回しかできない人は5回
20回できる人は20回行ってください。

 

下半身全体を鍛える運動です。
これなら5分でできますね

 

1か月続けると、体に筋肉がついてきたことがわかります。
まず、1か月続けてみましょう。

 

 

体が引き締まる14品目の食事

image

 

運動と合わせて行うのが食事を見直すこと。
私がお勧めしたいのは1日の中で14品目を取る方法です。

 

①穀物
②肉類
③魚介類
④牛乳・乳製品
⑤大豆製品
⑥卵
⑦緑黄色野菜(濃い野菜、ブロッコリー、トマト、ピーマンなど)
⑧淡色野菜(薄い色の野菜 ネギ、白菜、)
⑨イモ類
⑩キノコ類
⑪果物
⑫海藻類
⑬油脂
⑭嗜好品

 

量に制限はありません。
ただし、⑭の嗜好品以外は必ず1回だけ食べるようにしてください。

例えば、白米を朝に1杯、昼に蕎麦、という風に穀物を2回食べるのは×。
あくまで1日に1回だけです。

 

運動をしながらこの方法で食事を取ると、筋肉がついて体が引き締まります。

 

 

時間が取れるようになったら、上半身のトレーニングも

%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

 

筋力トレーニングには「全面性の原則」というものがあります。
「全体をバランスよく鍛える事で筋肉がついてくる」という運動生理学に基づいた考え方です。

 

下半身の運動でもお腹の脂肪が落ち、体重は変わってきますが、やはり全身をまんべんなく鍛えたほうが体は変わります。

休日や早帰りができる日は、ぜひ腕立て伏せや腹筋運動もチャレンジしてみてください。

 

 

 

ダイエット トレーニング 食事

【久我山・吉祥寺ダイエット】運動を始めることのハードルを減らす

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

「何の運動をすれば良いかわからない」
「医者に『運動をしてください』って言われたけど、それができないんですよ。」

 

カウンセリングの時に良くこういうお話を聴きます。

「運動は何をすればいいかわからないし、ハードルが高すぎる」ということですね。

 

%e8%8b%a6%e3%81%97%e3%81%84

 

日常的に運動をされている方はそう感じないかもしれませんが、
経験がない方にとって、運動はアレルギーに近いものがあります。

私の知人も糖尿病になってしまった際に「運動」ではなく「薬」で治療するようにしました。

彼も同じように運動アレルギーの持ち主です。

 

運動というと「苦しいもの」「つらいもの」というふうにイメージしているのかもしれません。

 

 

運動を始めるなら日常生活でできるものを

「何をすればわからない」という方は日常の中で運動を取り入れるようにしてください。

 

実は運動に特別なことは必要ありません。
日常でも体を使っていれば、それは運動です。
通勤で駅まで歩くのも運動だし、家事で立ち仕事をするのも運動です。

 

ただ、筋力をつけるのであれば、それでは負荷が弱すぎます。
少し日常を工夫してあげる必要があります。

駅まで歩くのであれば、大股で歩く。

立ち仕事でわざと重いものを運ぶようにすると筋肉がついて体が変わってきます。

 

%e9%9a%8e%e6%ae%b52

 

その中でも私が一番お勧めしているのは「階段」を使うこと。
お尻、もも回りの筋肉を鍛えることで老化の予防をすることができます。
また、下半身の筋肉を鍛えることはダイエット効果もあります。

是非、日常の生活で取り入れてほしい運動方法です。

 

50パーセントの確率でできるものを選ぶ

また、運動の回数や頻度決めるときは「50%」の確率でできるものを選んでください。

心理学的に50%の確率でできることは達成感があり、継続することがわかっています。
それを運動でも応用するわけです。

 

「100%」できる運動は簡単すぎます。
一方、「30%」ではハードルが高すぎます。
必ず「50%」の確率でできる運動を選ぶようにしてください。

 

例えば、

①週1回 階段で3階まで上がる が100%
②週3回 階段で4階まで上がる が30%
③週2回 階段で4回まで上がる が50%

 

ならば、③を選ぶようにしましょう。

もし、③の運動が続かない場合はもういちど50%の確率でできる運動を探します。

 

 

運動指導者が心掛けたいこと

現在の日本のフィットネス人口はたったの3%。
数字で見ても、日本社会では「運動」を始めることのハードルはやはり高いようです。

 

そのために私たち運動指導者がしなければいけないことは「効果的な運動」よりも「運動のハードル」を減らすこと。

「新しい知識」よりも「お客様の立場」を知ることが大事だと考えています。

 

私はこれからも「続けられる運動」を指導します。
「楽しくて続けられそう」とお客様に言ってもらえれば本望です。

 

 

ダイエット トレーニング モチベーション 健康

【久我山・吉祥寺ダイエット】健康のために運動が必要な40代①

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー小森祐史です。

 

パーソナルトレーナーとして活動を始めてから4年。

 

これまでに下は10歳から上は75歳までトレーニング指導をさせていただきましたが、私のクライアントは40代~50代の方がほとんどです。

 

なぜ、ここ数年ダイエットのためにパーソナルトレーニングを受ける40代~50代の方が多いのか。
それを2回に分けて説明します。

 

人間の体は40代から衰える】

怖い

 

「ロコモティブシンドローム」別名「運動器症候群」

 

皆さんはこの言葉をご存知でしょうか?
移動機能の低下をきたした体の状態のことで、2007年から日本整形外科学会が提唱しています。

 

年齢を重ねると筋肉や骨、関節など体を動かすために必要な機能が衰えてきます。

衰えてくると、「立つ、歩く、階段を上る」などの日常の移動が困難になりますが、この状態をロコモティブシンドロームといいます。
そのまま進行すると寝たきりになってしまうのが「ロコモ」の怖いところ。

 

そして、この「ロコモ」になる可能性が高いのが40代と実は言われているのです。

 

 

何故40代から体が衰えるのか?

社会

 

戦後70年、日本は急成長を続けて世界でも有数の経済大国になりました。

生活が便利になればなるほど、人間は体を動かさなくなります。

1950年代~60年代前半に生まれた世代はまだ日本が成長している最中だったのでそれほど便利な生活ではなく、
買い物や仕事のために移動することが多かったと考えられます。

 

一方1960年代後半以降の生まれの方は社会が成長した時代に生まれていて、生まれた時からあまり体を動かさなくてもよい生活を送っています。
若いうちは筋肉もありますが、何もしないでいると加齢と共に人間の筋肉は衰えます。
このことが40代がロコモになりやすいと言われている理由でしょう。

 

また、40代から体が衰えてくることは研究結果でもわかっています。

横浜スポーツ医科学センターが実施したバランス能力テスト(平成25年)。
40歳代から不安定になってくる人が増加したという結果が残っています。
また、文部科学省の新体力テスト(平成21年度)では、40代後半から明らかに体力の低下がみられました。

 

以上のことから40代はその後の人生を決める大きな節目といえます。

 

トレーニング ロコモ 健康

【久我山・吉祥寺ダイエット】40代で寝たきりに!?

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。

 

タイトルの「ロコモティブシンドローム」。
かわいらしい名前ですが、お菓子ではありません。

 

実は深刻な体の障害で、現在40代以上の方ととても関わりのある話になります。
「肥満」の方もロコモに当てはまるので、ダイエットとは無縁ではないロコモ。
今回はそのロコモに関して書いていきます。

 

 

寝たきりの前兆候

「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」とは

・・・・運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態

日本整形外科学会公認ロコモティブシンドローム予防啓発公式サイト より

 

筋肉や骨、関節などの体を動かすために必要な体のパーツ(運動器)が弱くなってしまい「寝たきり」に近い状態になってしまいます。

 

 

40代以上の方はロコモの危険性があり!

「寝たきり」というと高齢者の方がなるものとイメージされますが、実は今40代の5人中4人が「ロコモ」になるといわれています。

 

その原因は体をあまり動かさなくてもいい生活を若いうちから経験していること。

 

日本社会が豊かになった1970年代。
その時代に生まれている現在40代の方はあまり体を動かさなくていい生活を経験しています。

 

若いうちは筋力があるからいいのですが、運動経験があまりないまま40代になると筋力が衰え日常生活に支障をきたします。
そして、そのままにしておくと「寝たきり」の恐れも・・・

 

悩み

 

 

ロコモ予防に筋トレ

本当に怖いロコモティブシンドローム、

その予防策はずばり筋トレです。

 

筋力トレーニングを行うことで日常生活に必要な「筋力」「関節」「骨」を維持することができます。

たった5分の運動でも「ロコモ」予防に効果はあります。

この機会に是非、積極的に運動を始めてみてください。

 

この記事を読んで「ロコモ予防のために運動を始めてみようかな」と考えた方はパーソナルトレーナーに相談することをお勧めします。

 

パーソナルトレーナーは「個人のライフスタイルに合わせて、運動方法や生活習慣のアドバイスをする専門家」

 

運動初心者であるあなたにぴったりの運動方法を提案し、あなたのライフスタイルをより充実したものに変えてくれるでしょう。

 

 

[ダイエット、ロコモ予防に関する相談]については下記のお問い合わせフォームまで

 

bottum3-3

 

 

トレーニング ロコモ

1 3 4 5