西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

講師の仕事

 


西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット」専門トレーナーの小森祐史です。

 

422日、23日に講師を担当しました。

 

 

今回担当させていただいたのは「フィットネスモチベーター@認定講習会

「フィットネスモチベーター@」とは楽しく続けられる運動を指導できるトレーナーのことです。

 

近年、社会的な需要の高まりとともにパーソナルトレーナーを目指す方が増えています。

しかし、今、多くのパーソナルトレーナーはある問題を抱えています。

それは何でしょうか?

 

 

パーソナルトレーナーが抱える問題

 

髪を切ってもらう時、「どういう髪形にしたいですか?」と美容師の方に聞かれるのはご存知の通りですね。

「ここは短くしてほしい」

「ここは5cm残して」

「前髪は目にかからないくらい」

 

聞かれることで、こちらも髪形の要望を伝えます。

 

しかし、トレーナーの場合、それができていなことが多くあります。

例えば、ダイエットで運動指導をするときに「体のどの部分を引き締めたいですか?」と聞きます。

しかし、その大事な要望の部分を掘り下げて聞いているトレーナーを私はあまり見たことがありません。

 

以前、こういうことがありました。

私が実際に見た光景です。

 

Aトレーナー:それでは「次はスクワットをしましょう!」

Bさん:「私はスクワットしたくないんですが・・・・」

Aトレーナー「僕だって下半身の運動は嫌いです()

Bさん:「はい・・・」

 

文字にすると怖い感じはしませんが、Aトレーナーの口調が強くなったのを覚えています。

Bさんの顔はみるみる真っ青になっていきました。

 

このBさん、ダイエット目的で通い始めたばかりでした。

確かに下半身の筋肉をつけることはダイエットに重要です。

 

しかし、このBさんはそれほど筋肉がある方ではなく、最初からスクワットをする必要はもちろんありません。

十分に筋肉がついてから行えばよかったと私は思います。

 

このAトレーナーの問題は「スクワットはしたくない」というBさんの要望を聞いていなかったことが問題です。

美容師さんに例えると「カットしてほしくないところをカットしている」のと同じです。

 

では、なぜBさんの要望を聴くことができなかったのでしょうか?

 

 

お客様の望んでいることを見つける力が必要

 

AトレーナーがBさんの要望を聴くことができなかったのは「深く話を聴く」ことをしていなかったからです。

お客様は運動が目的なのではなく、「何か目的や要望があって」運動をしにきているのです。

Bさんの場合、「昔運動をしていて、つらい思いをした」「太い足を見るのが嫌だから」という理由でスクワットをしたくなかったのかもしれません。

 

トレーナーとは確かに「運動をさせること」が仕事です。

しかし、「運動をさせること」はあくまで手段であって目的ではありません。

お客様が望まないことをこちらからさせてはいけないのです。

 

 

結果の出せるトレーナーとは?

 

私が考えている結果の出せるトレーナーとは「クライアントの運動指導が続く」トレーナーです。

クライアント本人が運動をしたいと思わない限り、結果はなかなか出せません。

当たり前のようなことで実は難しいことです。

私もなかなか運動指導が続かず苦労しました。

 

 

私が所属している「一般社団法人モチベーションアカデミー」では「クライアントの運動指導が続き、結果の出るトレーナー」を養成しています。

モチベーションアカデミーで勉強させていただくことでクライアントの運動が続くようになり、今は講師の立場になりました。

 

「フィットネスモチベーター@認定講習会」が52021日に開催されます。

6月の組織改編に伴いコンテンツの内容が大幅に変わるため、この講習会は5月の開催が最後となります。

トレーナーの皆様は是非、この機会にご参加ください。

 

いつも講習会を開くたびに参加者の方から質問をいただき、勉強になっています。

教える側が教えられていることを毎回実感します。

ここで満足しないように講師としてもさらに研鑽していく所存です。

 

最後になりましたが、ご参加いただいた皆様、本当にお疲れ様でした。

 

※今回のブログはトレーナー向けの内容となりましたが、

次回からは通常通り、メタボや肥満で悩む方向けのブログを更新していきます。

 

 

 

トレーナー育成 健康

この記事に関連する記事一覧