西荻窪 千歳烏山 ダイエット

西荻窪・千歳烏山「運動が嫌いな40代女性」専門ダイエット指導

【久我山・吉祥寺ダイエット】全てのパーソナルトレーナーに必要な「信頼関係を築く」力

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

車座になって話し合う人たち

 

久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。

 

2019年2月14日、16日に研修会の講師を担当しました。

どちらもトレーナー、コーチ向けの内容だったのですが、その中では「メンタル」の大切さをお話しました。

 

「メンタル」というと

 

・相手の心を読む
・自己啓発的なもの
・洗脳

 

というスピリチュアルなものを想像されることが多いのですが、そうではありません。

 

「相手のことを一人の人として尊重し、向き合うこと」が「メンタル」です。
これだけではちょっとわかりづらいのでもう少し記事の中でお伝えしましょう。

 

この記事はこのような方におススメです。

 

・トレーニング指導が継続できない方
・これからパーソナルトレーナーを目指す方
・フィットネスクラブにお勤めの方

 

 

多くのパーソナルトレーナーが気付いていないこと

机の上に並ぶトレーニングの専門書

 

パーソナルトレーナーにとって必要なスキルはたくさんあります。

 

・筋肉・関節・骨など、解剖学の理解
・筋トレの方法
・ストレッチの方法
・有酸素運動の方法

 

では、これらの知識を身に着ければ現場で実際に指導できるかというと・・・

 

答えはNOです。

 

お客様からすれば、パーソナルトレーナーに知識や技術があるのは当たり前ですし、トレーナー側もそういった勉強は常に心がけています。
しかし、知識や技術があること」と「良き指導者であること」はイコールではありません。

 

では筋トレや有酸素運動、ストレッチの指導技術以外にどのような能力が必要なのでしょうか?

 

 

全てのパーソナルトレーナーに必要なこと

「信頼関係」の文字が書かれた黒板と握手する木製人形

全てのパーソナルトレーナーに必要なこと。
それは「信頼関係を築く」力です。

 

トレーニングで指導する相手は人間です。
ロボットではありません。

 

一人ひとり感情があり心があります。
特にパーソナルトレーニングを受けに来る方は大きな願望を持っています。

 

筋肉をつけて、体を柔らかくし、心臓を強くすることで叶えたいことがあるのです。

 

1人の人間として尊重しながらトレーニング指導をする必要があります。
ただ、筋肉がついて脂肪が落ちるトレーニングプログラムを組めばいいわけではありません。

 

 

パーソナルトレーニングは相手と信頼関係ができたうえで成り立つ

1人の男性が机に座った人達の前で話をしている

 

お恥ずかしい話ですが、短期間で指導が終わってしまったことがあります。

短期間で指導が終わるのは相手と信頼関係が築けていないから。

 

残念なことに多くのパーソナルトレーナーがそのことに気づけていません。

あなたが今持っている運動指導技術は相手がいてこそ成り立ちます。

 

今、お客様と信頼関係はできていますか?
ご不安があればぜひ一度「人」のことを勉強してみてください。

 

一般社団法人フィジカルトレーナー協会では、クライアントと「信頼関係」を築き、結果を出す「運動指導」の考え方をお伝えしています。

 

次回は3月23日のベーシック講習会(終了しました)
メンタルパートは私、小森祐史が担当します。

 

現場で結果を出したい方、これからパーソナルトレーナーを目指す方はぜひお越しください。
お客様の運動指導が続く考え方をお伝えします。

 

トレーナー育成 パーソナルトレーニング

【久我山・吉祥寺ダイエット】結果の出る運動指導をお伝えしています

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。

 

42223日にトレーナー向け講習会の講師を担当しました。

 

 

今回担当させていただいたのは「フィットネスモチベーター認定講習会

「フィットネスモチベーター」とは、”楽しく続けられる”運動指導ができるトレーナーのことです。

 

この数年でパーソナルトレーナーを目指す方が増えていますが、大きな壁にぶつかっている場面も見られます。

 

 

パーソナルトレーナーが抱える問題とは?

髪を切る美容師

 

美容院で髪を切ってもらう時、美容師の方からこのような言葉をかけられると思います。

 

「今日はどうされますか?」

 

聞かれることで、こちらも答えます。

 

「襟は短くしてほしい」

「ここは5cm残して」

「前髪は目にかからないくらい」

 

など。

 

サービス業としてお客様の要望を聞き、それに対して答えるという光景は当たり前のように見られます。

しかしトレーナーという職種の場合は別のようです

 

以前、こういうことがありました。

私が実際に見た光景です。

 

Aトレーナー:それでは「次はスクワットをしましょう!」

Bさん:「私はスクワットしたくないんですが・・・・」

Aトレーナー「僕だって下半身の運動は嫌いです()

Bさん:「はい・・・」

 

文字にすると怖い感じはしませんが、Aトレーナーの口調が急に強くなったのを覚えています。

Bさんの顔はみるみる真っ青になっていきました。

 

このBさん、ダイエット目的で通い始めたばかりでした。

確かに下半身の筋肉をつけることはダイエットに重要です。

 

しかしBさんはそれほど筋肉がある方ではなく、最初からスクワットする必要はもちろんありません。

十分に筋肉がついてから行えばよかったと思います。

 

ダイエットの場合「体のどの部分」を「どのように変えたいか」を伺います。

体重が気になる方もいますし、見た目が気になる方もいます。

 

しかし、その大事な要望の部分を掘り下げている運動指導をあまり見ることはありません。

 

 

お客様の望んでいることを見つける力が必要

ソファに腰掛ける人と椅子に座る人

 

 

お客様は運動が目的なのではなく、「何か目的や要望があって」運動をしにきています。

Bさんの場合、「昔運動をしていてつらい思いをした」「太い足を見るのが嫌だから」という理由でスクワットをしたくなかったのかもしれません。

 

トレーナーとは確かに「運動をさせること」が仕事です。

しかし、「運動をさせること」は手段であって目的ではありません。

 

本当にトレーナーに必要とされているのは「お客様の望んでいること」を見つける力です。

お客様の望んでいることをきちんと把握し運動処方を提案することで、お客様は満足して運動を続けます。

 

 

結果の出せるトレーナーとは?

机に座る人達とその前で話す男性

 

私が考える結果の出せるトレーナーとは「運動指導が続く」トレーナーです。

クライアント本人が運動をしたいと思わない限り、結果はなかなか出せません。

 

当たり前のことですが難しいことで、私も以前は苦労しました。

 

 

私が所属している「一般社団法人モチベーションアカデミー」では「クライアントの運動指導が続き、結果の出るトレーナー」を養成しています。

 

モチベーションアカデミーで勉強させていただくことで運動指導が続くようになり、今はその経験を皆様にお伝えしています。

 

「フィットネスモチベーター@認定講習会」が52021日に開催されます。(終了いたしました)

 

6月の組織改編に伴いコンテンツの内容が大幅に変わるため、この講習会は5月の開催が最後となります。

トレーナーの皆様は是非この機会にご参加ください。

 

講習会を開くたびに思うことは「教える側が教えられている」ということです。

ここで満足しないように講師としてもさらに研鑽していきたい、といつも思っています。

 

最後になりましたが、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

トレーナー育成 健康

【久我山・吉祥寺ダイエット】セミナー開催報告

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

10月15、16日にセミナーを開催させていただきました。

今回開催したのは「モチベーションテクニック」学ぶ「フィットネスモチベーター」認定講習会。

 

「モチベーションテクニック」とは”楽しくて続けられる運動”を指導できる技術。
そして、「モチベーションテクニック」を使って運動指導ができるトレーナーを「フィットネスモチベーター」といいます。

 

「モチベーションテクニック」を考案したのは
卓球の福原愛選手や青山学院大学陸上部のトレーナーとして有名な「中野ジェームズ修一」先生。
現在までに1000人近くの人がこの技術を学びました。

 

一般の運動指導の資格と違うのはクライアントの性格を考えながら指導ができること。
その分、セミナー中はいつもは使わない脳みそを使います。

 

課題は一人では答えを出すことが難しいものばかりです。
セミナーはグループワークが中心の内容ですが、集団で考えてもなかなか答えは出ません。

(写真の奥に移っているのが私です。珍しくスーツを着ています笑)

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92

 

ただし、ここで大事なのは答えを知ることではなく、「どういう風に指導したらクライアントが運動を続けたいと思うようになるのか」を学んでいくことです。

動画を見ながら、クライアントの性格を考える実践的なワークも行いました。

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%93

 

長時間のセミナーでしたが、集中力を切らすことなく皆さんついてきてくれました。
12時間、話を聴いて、頭を使うのは大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91

 

パーソナルトレーナーという仕事に対する思い

 

Trainer im Fitnessstuido

 

トレーナー経験が4年しかない私がこの資格を発行しているのは理由があります。

それは「トレーナー」という仕事をもっと世間に身近なものにしていきたいからです。

 

これから先、日本はますます長寿社会になっていくでしょう。
長寿であるということは幸せな時間が伸びることで喜ぶべきですが、
その一方で日本の医療費は年々膨らんでいます。

 

ご存知の通り、日本国民は全員、健康保険に加入しています。
しかし、このまま寿命が伸び続ければ、世界でも稀な福祉制度も近い将来破たんを迎えるかもしれません。

 

これから先、自信の健康は自分で守ることが本当に重要になってきます。
その時に健康をサポートできるトレーナーは社会的に需要がある職業です。

 

運動で筋肉をつけて、免疫力をあげることは1番の病気の予防。
健康的で正しい運動を指導できるトレーナーが一人でも増えてくれたら
という思いで今回の講習会を開催しました。

 

トレーナーの育成はこれからも続けていきます。
今回の講習会はいつもと違うやりがいを感じた貴重な2日間でした。

 

 

 

トレーナー育成 トレーニング モチベーション