西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

交流分析で温かい人間関係を築こう④

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

前回に引き続き、性格によるコミュニケーションの良しあしをご説明します。

 

【関連記事】

交流分析で温かい人間関係を築こう⓵
交流分析で温かい人間関係を築こう②
交流分析で温かい人間関係を築こう③

 

 

うまくいくコミュニケーションとは?

※画像はフィジカルトレーナー協会資料より抜粋

 

コミュニケーションが円滑になる自我の組み合わせをご紹介します。

 

CP優位な人とNP優位な人は、頑固なお父さんと優しいお母さんですので相性は良いです。

お父さんがお母さんを引っ張り、逆にお母さんはお父さんをサポートするイメージです。

 

また、FC優位な人の自由な言動を受け入れられるのも、NP優位な人の特徴です。

 

FC優位な人同士も遊びの面では相性は良いと言えるでしょう。

 

A優位で理路整然と話す人に対しては、自身も理路整然と話すべきです。

 

人の顔色を伺いながら話すAC優位な人には、CPやAを優位にして毅然とした態度をとりましょう。

 

 

正面から見るか上から見るか

透明なグラスに入った黒い液体を正面からみたところ

 

透明なグラスに入った黒い液体を上からみたところ

 

交流分析の特徴は、コミュニケーションの取り方が仕組み化されていることです。

この方法を使うと人の性格を比較的理解しやすく、コミュニケーションの齟齬が減ってきます。

 

しかし、一番大事なのはその人を1人の人間として見ること。

コップは正面から見ると『縦長』ですが、上から見ると『円』の形をしています。

 

同じように人間をいろいろな方向から観察すると、知らなかった一面が見えてきます。

 

これはご家族や友人でも同じです。

今、コミュニケーションがうまくいっていない方がいたら、別の方向から交流するようにしてください。

 

『他人と過去は変えられない 変えられるのは自分と未来のみ』

 

この連載の最初にも紹介したエリック・バーンの言葉です。

自分が変われば、相手の新たな新たな一面が見えてきますよ✋

 

 

温かい人間関係築く方法を提供しています

スーツ姿で話す男性とお花

 

人の性格やコミュニケーションの取り方は、非常に複雑で様々な要素が絡んでいます。

 

家庭環境や人生経験、普段の行動が周囲との関係を作っていることを私達はもっと理解する必要があるといえるでしょう。

 

一般社団法人フィジカルトレーナー協会では、フィットネスクラブをはじめ会社組織向けに『人格に合わせたコミュニケーションの取り方』をお伝えしています。

 

「お客様と気持ちよく会話ができるようになりたい」

「スタッフ同士のコミュニケーションを高めて、組織力を上げたい」

 

という方は、ぜひ研修の導入をご検討ください。

経験豊富な講師がそのご要望にお応えします!

 

一般社団法人フィジカルトレーナ協会 企業研修のご案内

 

 

こころの健康

交流分析で温かい人間関係を築こう③

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

交流分析テストの結果はいかがだったでしょうか?

この記事ではテスト結果の見方をご説明します。

 

※あくまで目安です。

性格の良い・悪いを判断するものではありません。

 

 

交流分析テストの見方

 

◾︎グループ1の点数が高かった方

CP優位タイプ

ルールや規則を大事にする方です。

一方で人の話を遮ったり否定しながら自分の主張をしがちです。

自分の話をするだけでなく最後まで人の話を聴くようにしてみましょう。

 

◾︎グループ2の点数が高かった方

NP優位タイプ

思いやりをもって相手に接することができる方です。

しかし自分の主張をあまりしないので、相手の話を聞きいれるだけのコミュニケーションになりがちです。

コミュニケーションを円滑にするなら自分の気持ちを伝える癖をつけましょう。

 

◾︎グループ3の点数が高かった方

A優位タイプ

先々を見据えて行動できる方です。

仕事もプライベートも計画的に動けるのでトラブルが少ないタイプですが、「融通の効かなさ」も見られます。

話の中に「遊び」や「楽しさ」をいれ、相手と長続きするコミュニケーションを取りましょう。

 

◾︎グループ4の点数が高かった方

FC優位タイプ

明るく好奇心旺盛で、グループの中心になりやすい方です。

しかし、自分が楽しい、面白いと思ったことを何よりも優先しがちなので、グループの和を崩さないように気をつけてください。

 

◾︎グループ5の点数が高かった方

AC優位タイプ

人目を気にし他者に依存しやすい方です。

自分の意見をはっきり主張しないので、トラブルになることもあります。

しかし言われたことを淡々とこなせる力もあるため、縁の下の力持ちタイプといえるでしょう。

 

 

コミュニケーションがうまくいかない性格

※画像はフィジカルトレーナー協会資料より抜粋

 

5つの自我の組み合わせによって、コミュニケーションは良くも悪くもなります。

ここではうまくいかないコミュニケーションをご説明します。

 

CP優位な人同士がコミュニケーションを取ると、お互いの主張がぶつかり合う可能性があります。

 

AC優位な人同士だと、なかなかお互いのことを主張しません。

 

NP優位な人とAC優位な人も同じです。

イメージは過保護な親と大人しい子供。

なかなか積極的な交流は生まれません。

 

FC優位な人とCP優位な人は犬猿の仲です。

自由な子供と頑固親父が喧嘩するイメージを考えるとわかりやすいでしょう。

 

FC優位な人とAC優位な人は水と油です。

自分の主張をはっきりする人とそうでない人同士では、コミュニケーションが噛み合いません。

 

FC同士は相性が良い場合と悪い場合があります。

FC優位な人が集まると悪ふざけを始めるので、仕事上では問題が発生する可能性も。

 

次回はコミュニケーションがうまくいく自我の組み合わせをご紹介します。

 

【関連記事】

交流分析で温かい人間関係を築こう⓵
交流分析で温かい人間関係を築こう②
交流分析で温かい人間関係を築こう④

 

 

こころの健康

交流分析で温かい人間関係を築こう②

 


この記事を読み終わるまで約5分

クリップボードとチェック用紙とペン

 

 

前回はエリックバーンの考案した人格心理学「交流分析」についてご説明しました

 

この記事では交流分析の簡易的なテストをご紹介します。

あくまで目安ではありますが、ご自身の性格を理解する良いテストです。

 

ぜひチャレンジしてみてください。

3分ほどで回答できます。

 

5つのグループでそれぞれ10問
質問は全て以下の3つから答えてください。

 

いつも(かなり)3点
ときどき(まあまあ) 2点
まれに(わずかに)1点

 

全てのテストに答えたら、それぞれのグループで点数を合計してください。

 

※「子供の運動神経をグングン伸ばすスポーツの教科書」より引用

 

 

グループ1

①物事に対して批判的である
②人の話を遮ることがある
③伝統的な考えを大事にする
④仕事でもプライベートでも遅刻しない
⑤他人の失敗に厳しい
⑥社会規範や道徳に厳しい
⑦責任感がある
⑧理想を追い続ける
⑨ルール・規則を厳守する
⑩~すべきである という言い方をする

 

 

グループ2

①相手の話に耳を傾ける
②長所をよく褒める
③いわゆる"気が利く"タイプである
④頼み事に"No"といえない
⑤他人の失敗に寛容である
⑥他人の幸せに喜びを感じる
⑦家事を進んで引き受ける
⑧困った人を見かけたら助ける
⑨"思いやり"を大事にしている
⑩ボランティアに積極的である

 

 

グループ3

①感情よりも理性を大事にしている
②現実をよく見て冷静に判断を下せる
③動きがキビキビしていて能率的である
④真っ直ぐに相手の目を見て話す
⑤1日の生活を計画的にこなす
⑥物事や状況を的確に判断できる
⑦様々な情報を集めて、総合的に判断する
⑧感情を交えずに合理的に判断できる
⑨議論になっても感情的にならない
⑩「なぜ」「どうして」という言い方をする

 

 

グループ4

①理屈よりも直感を信じる
②あけっぴろげて自由である
③じっとおとなしくしているのが苦手である
④喜怒哀楽が顔に出る
⑤遠慮なく人に物を頼める
⑥自分はわがままだと思う
⑦好奇心が強い
⑧周りのことをあまり気にしない
⑨欲しいものをはっきりと言う
⑩「わぁ」「すごい」など驚きを口にする

 

 

グループ5

①他人にどう思われているか気になる
②空気を呼んで周囲にうまく合わせられる
③嫌なことは理屈をつけて後回しにする
④不満があっても我慢する
⑤他人の顔色を伺う
⑥思っていることをなかなか口に出せない
⑦上手に言い訳ができる
⑧相手に喜んでもらえるよう努力する
⑨何事にも遠慮しがちで、消極的である
⑩「すみません」「ごめんなさい」と素直に言える

 

 

回答お疲れ様でした。

次回はテスト結果の見方と温かい人間関係の築き方をご案内します。

 

【関連記事】

交流分析で温かい人間関係を築こう⓵
交流分析で温かい人間関係を築こう③

交流分析で温かい人間関係を築こう④

 

 

こころの健康

交流分析で温かい人間関係を築こう①

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

家族が手を繋いでいるイラスト

 

人間関係」と「健康」は切っても切り離せません。

 

WHO(世界保健機関)は健康の基準を

 

病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあること

 

と定めています。

 

人間関係が円満であれば、ぜひその関係を続けていただきたいのですが、もし関係が良くなければ今の状況は変える必要があります。

 

コミュニケーションがうまく取れないのは、お互いの性格を良く理解していないことが多くの原因。

逆に言うと、自分と周囲の人の性格を把握しておけばうまく関係が築けます。

 

心身の健康のために『コミュニケーション』というキーワードは欠かせません。

そこで今回はいつもと趣旨を変えて「温かい人間関係を築くコミュニケーション」についてお伝えします。

 

この記事は

 

・家族としばらく会話がない

・部下が自分の指示通りに動かない

・周囲の人とトラブルになることが多い

 

ことで悩んでいる方におすすめです。

 

 

他人と過去は変えられない

 

パイプをもつメガネ姿の男性

 

カナダの精神科医エリック・バーンは人の性格を5つの自我に分け、その人格を分析する方法を考案しました。

 

この『交流分析』と呼ばれる方法は、コミュニケーションの手段としてだけでなく、

様々な精神疾患の診断や治療として、また、個人、恋人、家族、グループへのセラピー手法としても使われています。

 

エリック・バーンの言葉に

 

「他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる」

 

というものがあります。

 

「自分の態度を変えて、温かい人間関係を築く」のが交流分析の基本です。

 

では、"温かい人間関係を築く"交流分析とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

交流分析の5つの自我

”P””A””C”の文字と文字を説明する言葉

※画像はフィジカルトレーナー協会の講習会より引用

 

5つの自我はそれぞれこのような特徴があります。

 

CP(批判的な親) 良心や道徳観念、ルール・秩序を守ろうとする反面、他者否定的な態度をとる イメージは「頑固な父親」

 

NP(養育的な親) 親切で思いやりがあり、他者に対して肯定的な態度を取る イメージは「優しい母親」

 

A(大人) 論理的で合理的、能率を重視する 対人態度は公平であり、ギブアンドテイクで物事を処理する

 

FC(自由な子供) 自分の感情を自由に表現し、自己肯定的である。伸び伸びとした態度を取る

 

AC(適応・順応した子供) 自分の感情を抑え、状況を読み取って周囲に合わせた態度をとる。自己否定的である

 

あなたはどの自我が強いと自覚していますか?

 

次回は交流分析のテストをご紹介します。

 

【関連記事】

交流分析で温かい人間関係を築こう②
交流分析で温かい人間関係を築こう③
交流分析で温かい人間関係を築こう④

 

 

 

こころの健康

ストレッチでダイエットはできませんがこんなにいいいことがあります

 


この記事を読み終わるまで約3

 

前回の記事では、体に痛みが出る理由とストレッチの効果をお伝えしました。

皆さんストレッチについて初めて知ることも多かったようです。

 

ストレッチに関する質問よくいただきますので、こちらの記事にまとめました。

 

 

ストレッチだけでやせることは難しい

 

足を広げ左足のつま先に手をタッチする女性

 

「ストレッチで痩せることはできますか?」

 

この質問に対する答えはNoです。

 

痩せる=体脂肪が落ちる

 

という意味ですので、カロリーを消費する運動であるかどうかがポイントになりますが、残念ながらストレッチでは痩せるほどカロリーを消費することができません。

 

有酸素運動や筋トレのように息が上がる運動ではないからです。

 

ですが、ストレッチを続けると痛みが減り体が軽く感じます。

これは筋肉の柔軟性が戻ってきたから。

 

体が楽になってくると体を動かしたくなります。

 

日常で階段を使ったり、一駅分歩いたり体を動かす時間が増えるので、カロリーの消費が増え結果的に体が引き締まります。

 

ストレッチは間接的にダイエット効果あり。といえるでしょう。

 

 

ストレッチで血圧が下がる 血糖値も下がる

 

右足のつま先を手すりに載せる女性

 

ストレッチには柔軟性を高める以外にも

 

◾︎動的ストレッチ

・筋肉と関節の動きを良くする

・交感神経を優位にする

・血糖値を下げる

 

◾︎静的ストレッチ

・血圧を下げる

・副交感神経を優位にする

・血糖値を下げる

 

という効果があります。

 

「血圧は下げたいけど、いきなり走ったりするのはちょっと」という方は静的ストレッチがおすすめです。

 

また、モーニングやベッドタイムにもストレッチは活躍します。

 

寝起きが悪い人は動的ストレッチ

寝つきが悪い人は静的ストレッチ

 

と使い分けましょう。

 

血糖値を下げる効果も多少ありますので、数値が気になる人は取り入れてみてください👍

お腹周りを落とすことは難しいですが、血圧や血糖値が気になる方におすすめです。

 

体の痛みで悩む人もストレッチを試してみるといいでしょう。

筋肉の柔軟性を取り戻すことで体が楽になってきます。

 

どこでも、いつでもできるのがストレッチの長所です。

 

 

ストレッチと筋トレで100年動ける体へ

 

両手を上げる数人の女性

 

ストレッチでは筋トレや有酸素運動と同じ効果は望めません。

筋肉をつけたり、心臓を強くするにはある程度激しい運動が必要だからです。

 

ですが、ストレッチは手軽な運動なので運動習慣を身につけるのにぴったりです。

 

運動を始めたいけど、「いきなりきつい運動はちょっと・・・」という方はストレッチから始めてみてください。

 

ストレッチで運動習慣が身についたら、外を歩いたり軽い屈伸運動を始めましょう。

 

お腹周りを落としたい場合はスクワットや階段昇降が有効です。

下半身に筋肉がつくと基礎代謝が上がり、痩せやすい体になります。

 

血糖値や血圧を下げたい方はウォーキングがおすすめ。

10分続くようになったらジョギング、ランニングと少しずつ息をあげていきましょう。

 

やや息が上がる運動が続くようになると薬を飲む量が減ります。

 

40代は人生の折り返し、この先の人生はまだまだ続きます。

ストレッチと筋トレで100年動ける体へ。

 

真剣に体のことを考えているあなたなら決して夢物語ではありません。

 

 

今日から始められる誰でもできるストレッチ

 

真ん中に「みんなのストレッチ」の文字

 

この記事を読んでストレッチを始めたいなと思ったら、ぜひ『みんなのストレッチ』をお買い求めください。

 

肩凝り、腰痛、膝の痛み、ランニング障害

症状別INDEXで、気持ちよく伸びる自分に必要なストレッチが必ず見つかります。

 

ストレッチの動きがわかる無料動画付き。

 

一家に一冊!

 

いちばんわかりやすい家庭のストレッチ本は全国書店と通販で発売中です。

 

出版元 講談社のページ

 

ストレッチ ダイエット

その痛み 筋肉が原因です

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

両手で腰を抑える人

 

以前から腰に違和感を感じていたAさん。

1週間前から徐々に痛くなってきたので病院で診てもらったが、結果は「異常なし」

しかし、その後も腰痛は一向に治る気配がありません。

 

原因がわからないのに痛みが続いたら心配ですよね。

 

「原因不明の痛み」はパーソナルトレーニングでも多いご相談です。

異常がないのになぜ体が痛いのでしょうか?

 

この記事では

 

・異常がないのに体が痛い

・体が硬いと感じる

・動きが遅いと感じる

 

理由と解決法を解説していきます。

 

 

その痛み 筋肉が原因です

左右に並ぶ筋繊維の図

 

異常がないのに体が痛いのは筋肉が原因です。

 

血液中の酸素と栄養素が筋肉に届くことで、筋肉は伸び縮みします。

運動習慣がないと血液の循環は悪くなり、酸素と栄養素は筋肉に届きません。

 

栄養不足になった筋肉は硬くなり血管を圧迫。

痛みのもととなる物質を出します。

 

厄介なことに、痛みを感じると筋肉はさらに硬くなるので

 

痛み→硬くなる→痛み

 

という悪循環ができてしまうのです。

 

 

筋肉が硬くなると動きが遅くなります

錆びた自転車のチェーン

 

筋肉が硬い人の特徴として、「動きが遅く感じる」というものがあります。

硬い筋肉は自転車の錆びたチェーンと同じ。

伸び縮みしないので、自転車を漕いだ時と同じように動きが「重く」「遅く」感じるのです。

 

 

硬くなった筋肉を戻すには

では、「硬くなった筋肉」を戻すにはどうすればいいのでしょうか?

その方法は2つあります。

 

椅子に座り首を上下させる男性

 

1つは『動的ストレッチ

 

体を積極的に動かすストレッチ法です。

血流が良くなり、関節液が分泌されることで筋肉と関節の動きがスムーズになります。

 

 

うつ伏せで肘をつき顔を上げる男性

 

もうひとつは『静的ストレッチ

 

筋肉をじっくりと伸ばすストレッチで、柔軟性を戻すのに確実な効果があります。

一般的に「ストレッチ」と言われている方法です。

 

筋肉は新陳代謝が活発なので、動かすことで柔軟性を取り戻すことができます。

 

「痛みがあるから、動かさない」ではなく「痛みがあるから、積極的に動かす」

 

これが正しい解決策です😄

 

 

動的ストレッチをやってみよう

実際に動的ストレッチをしてみましょう。

20回×3セット 週3~毎日行うと効果的です。

 

右に空を見上げる人 左に頭を抱える人

 

■肩こり改善

①両手で頭を抱える

②ひじを開きながら空を見上げる

 

 

右に空を見上げる人 左に背中を丸める人

 

腰痛改善

①両手をクロスさせながら腰を曲げる

②両手を開きながら腰を伸ばす

 

 

右には椅子に座りながら膝を伸ばす人 左には椅子に座る人

 

◾︎膝痛改善

①椅子に座り、片膝を伸ばす(20回終わったら逆の足)

 

 

参考資料

みんなのストレッチ(講談社)

決定版 いくつになって健康柔軟体操(宝島社)

 

 

トレーニング 健康