西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

もう迷わない!正しいダイエットを見分ける3つの方法

 


アマゾンランキング6冠達成!

「40代肥満男性の体が変わる正しい食事」発売中!!

 

西荻窪・千歳烏山のお腹瘦せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

SNSで知り合いになっている人が先日、こういう投稿をしていました。

「あまりにも沢山のダイエットがありすぎて何が正しいかわからない・・・」

 

SNSやインターネットを使えばどんな情報でも手に入ります。

確かに情報が手に入りやすいことは便利ですが、

ネットに存在する情報は怪しいものがあることが問題です。

ダイエット法もしかり。

 

そこで、今回は「正しいダイエット」を見分ける3つの方法を紹介します。

 

この記事を読めば、怪しいダイエットに惑わされないこと間違いなし。

是非、最後までお読みください。

 

 

「楽」「簡単」「〇〇だけ」なダイエットは疑う

 

いつもこのブログでお伝えしていることですが「楽」なダイエットも「簡単」なダイエットもありません。

 

確かにパーソナルトレーニングで運動を始めたり、食事習慣を見直すと「思っていたより楽に感じた」

というクライアントの方はいらっしゃいます。

 

とは言ってもその内容は「楽」でも「簡単」でもありません。

その方に必要な筋トレやランニング、食事の取り方を指導しているからです。

 

「楽」や「簡単」を謳っているダイエット法は

「〇〇というサプリメントを飲むだけ」

「〇〇を食べると痩せる」

という表現を使います。

 

 

ですが、いったん冷静になって考えていただきたいと思います。

そんな魔法のような食べ物やサプリメントがあるでしょうか?

ある食べ物やサプリメントだけで痩せるのであれば、他の食べ物は体に必要ないものなのでしょうか?

 

もちろん、そんなことはありません。

白いご飯も肉も揚げ物も野菜もお酒も体に必要なものです。

 

お腹に脂肪がついてしまうのも血糖値が上がってしまうのも食べ過ぎと運動不足が原因。

 

どんな食べ物も適量食べれば、お腹が出てくることはありません。

今、お腹が出ている方はバランス良く食事を摂り、運動を始めることで体は引き締まってきます。

内臓脂肪が減れば、徐々に血糖値も血圧も下がります。

脳梗塞や心筋梗塞などの深刻な病気になる可能性も減ってきます。

 

「楽」「簡単」「〇〇だけ」のダイエット法はその内容を疑って見るようにしてください。

 

 

「食事制限なし」「運動なし」のダイエットは疑う

 

筋肉や骨、血管を作っているのは食事です。

そして、筋肉をつけて、内臓脂肪を落とすには運動を続けるしかありません。

 

つまり、体を変えるには「運動」と「食事」どちらも欠かせないことになります。

 

ダイエットを「自転車をこぐ」ことに置き換えると、

「運動なし」「食事制限なし」のダイエットというのは自転車の前輪も後輪のどちらもない、

もしくは一方しかない状態で走っていることになります。

 

 

タイヤがない状態で自転車をこいでも前に進むことはありません。

つまり、「食事制限なし」「運動なし」のダイエットは効果がないということです。

 

たとえ、効果があったとしてもどちらかが欠けていると筋肉が弱くなるので

リバウンドしやすくなります。

 

「食事制限なし」「運動なし」のダイエット法はその内容を疑って見るようにしてください。

 

 

「身に着けているだけで痩せる」ダイエット器具は疑う

 

 

身に着けているだけで『筋肉がつく』『割れた腹筋』が手に入るというベルトがあります。

これも上記のものと同じように「運動なし」のダイエット方法です。

 

有名なスポーツ選手や芸能人の方が広告に出ているので効果があるように感じますが

やはり、運動なしの方法でお腹の脂肪が落ちることはありません。

 

「電気を流して筋肉を動かす」→「筋肉がついて割れた腹筋が手に入る」というのが商品の触れ込みです。

 

確かに筋肉を動かす時に電気は発生します。

「筋肉を動かす」という指令を受けとった脳から電気信号が流れ、筋肉は動きます。

 

ですが、筋肉をつける時は負荷をかけながら伸び縮みさせる必要があります。

この「負荷をかけながら」というのがポイントで、重力に逆らう姿勢や

物理的に重さをつける方法で体を動かさないと筋肉がつくことはありません。

 

「負荷をかけない」で電気の刺激を流すだけで筋肉をつけることは難しいといえるでしょう。

 

整骨院で治療をする際に体に電気を流すことがありますが

それは電気を流すことで筋肉をほぐし、血流を良くすることで治療効果をあげるものです。

 

「治療」と「筋肉をつける」ことは別なので、混同しないように注意してください。

 

「身に着けているだけで痩せる」ダイエット器具はその内容を疑って見るようにしてください。

 

 

正しいダイエットを見分ける3つの方法

 

「正しいダイエットを見分ける3つの方法」はいかがだったでしょうか。

 

  1. 「楽」「簡単」「〇〇だけ」
  2. 「食事制限なし」「運動なし」
  3. 「身に着けているだけで痩せる」

 

以上の3つを謳った商品やサービスがあれば、その内容を疑ってみるようにしてください。

 

商品やサービスを疑って見るようにすれば、体に関する知識が身についてきます。

体に関する知識が身に付けば、ネット上に溢れる効果のないダイエット情報に惑わされることはありません。

「体が変わる」ダイエットを始めて、是非あなただけの健康を手に入れてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

ダイエット 運動 食事

忙しい人ほど運動をしましょう

 


アマゾンランキング6冠達成!

40代肥満男性の体が変わる正しい食事」発売中!!

 

西荻窪・千歳烏山のお腹瘦せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

先日、こういう記事をネット上で見つけました。

『IT社長「起業家は筋トレした方が良い」 これホント?専門家に聞くと...』

 

私も個人事業主という名の起業家です。

「起業家は筋トレした方がよい」という記事はとても気になったので

この記事の内容を紹介しながら、私の考えも書かせていただきます。

 

 

健康でいないと仕事はできない

 

 

経営者の方は何よりも自分の体調管理のためにトレーニングを続けています。

 

もちろん、これはどんな職種の方でも当てはまることですが

健康でいなければ、仕事を続けることはできません。

 

また、大きなプロジェクトを実行する時は長期間のストレスに耐えられるフィジカルとメンタルが必要です。

従業員を多数抱える経営者の方であれば、尚更、両方の要素が必要といえるでしょう。

 

トレーニングをすることでフィジカルを鍛えることはもちろんですが、トレーニング目標を達成することは自信の向上につながります。

また、スポーツがうまくなること、仲間と一緒にスポーツを楽しむことが、ストレスホルモンの分泌を減らすことも研究の結果わかっています。

 

このことから運動を続けることは仕事においてメリットが多いといえます。

 

 

運動で脳を鍛える

 

 

運動で脳を鍛えることができます。

 

バランスを取る運動や有酸素運動は認知症の予防に効果があることがわかっています。

これは記憶を司る小脳の海馬という部分を刺激しているからです。

 

同じように仕事で必要な能力も運動で鍛えることができます

 

運動で脳の疲労が取れ、頭が冴える

血流が悪くなると人は疲労感を感じ、脳も同じように疲労感を感じます。

長時間の会議でぐったりした経験はないでしょうか 。

あれは『体』が疲れているのではなく、『脳』が疲れている状態です。

 

運動を始めると筋肉に酸素を運ぶために体の血流が良くなります。

同時に脳への血流も良くなるので、疲労感がなくなり、頭が冴えた状態で仕事が効率よくこなせるようになります。

 

特に大事なMTGや打ち合わせの時ほど頭は使うので、

事前に軽く運動をしておくことはスムーズに事を進めるうえでとても意味があります。

 

運動で脳の神経細胞を増やす

運動を始めると、その体の使い方を覚えるために脳の神経細胞が増えます。

神経細胞が増えるということはそれだけが脳がよく使われるということです。

これは、パソコンの計算処理能力が早くなることと同じ。

 

仕事に必要な事務処理能力は運動によって鍛えましょう。

 

忙しい人ほど運動をしましょう。

 

 

ダイエットや健康目的だけでなく、運動を続けることでビジネススキルは上げることができます。

これはつまり、仕事の作業能力があがるということです。

 

運動で脳を鍛えることで今まで、1時間かかっていた書類の作成が30分で終わり、

長時間の会議も時間を短縮できるようになります。

 

忙しい人ほど運動をしましょう。

 

筋肉がつけば、免疫力が上がり、肥満や命に関わる病気を予防できます。

また、脳を鍛えることで仕事のミスが減り、大きなプロジェクトも効率良くこなせるようになります。

経営者の方が運動習慣を欠かさないのは「健康」と「ビジネス力の向上」

ビジネスに欠かせない2つの要素を手に入れるためです。

 

運動をしないデメリットはたくさんありますが、適度に運動を続けることはメリットしかありません。

運動を始めることは早ければ、早いほどその恩恵を受けることができます。

 

今からでも運動を始めてみましょう!

 

健康 運動

運動でがんは予防できます

 


電子書籍第2弾「40代肥満男性の体が変わる正しい食事」発売中

 

西荻窪・千歳烏山のお腹瘦せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

「『お腹瘦せ』には運動が一番」ということは、

いつもこのブログでお伝えしていますが、

運動が様々な病気の予防に役立つことが分かっています。

 

特に「がんの予防に運動」という話は何となく知っていても

どうして予防になるのかあまりご存知ないかもしれません。

 

そこで、肥満と「がん」の関係、運動とがんの予防について簡単にまとめてみました。

 

 

肥満は「がん」の原因の一つ。

 

様々な研究の結果、肥満が下記の病気の原因になることが分かっています。

 

肥満と関係のある病気

糖尿病

高血圧

脳卒中

がん

虚血性心疾患

 

特に注目していただきたいのは「がん」の項目です

「メタボ」や「肥満」と聞くと、糖尿病や心筋梗塞、脳梗塞などの病気を思い浮かべるかもしれませんが

実は肥満は「がん」の原因の一つです。

 

WHO(世界保健機関)とFAO(国連食糧農業機関)の報告によると

肥満が「食道がん」「腎臓がん」「乳がん」「子宮体がん」のリスクを上げていることは確実で

男性では肝がん、女性では膵臓がんのリスクが上がることがわかっています。

 

 

運動でがんは予防できます

 

 

一方で運動でがんが予防できることも分かっています。

国立がん研究センターの「科学的根拠に基づくがん予防」では

「禁煙する」「食生活を見直す」「節酒する」「敵体重を維持する」

に合わせて「身体活動(運動)」を5つの健康習慣としています。

 

また、厚生労働省の「健康づくりのための運動指針2006」では

がんを含めた病気の予防に週に23以上のエクサイズを推奨しています。

(ゆっくりのウォーキング1時間が3エクササイズ)

 

運動でメタボは改善できるし、がんも予防できることはこのことからも明らかです。

 

 

まずは歩くことから始めましょう。

 

 

今まで運動習慣がなかった人が改めて運動を始めるのはとても勇気がいることだと思います。

そもそも何をすればいいか分からない、という悩みを抱えてご相談に来られる人もたくさんいます。

 

運動指導者、パーソナルトレーナーが増えることでその悩みは解決できると信じていますが

その前にご自身で運動を始めていただきたいと私は考えています。

 

運動というと難しく感じるかもしれません。

きついことを続けなければいけない、と考えているでしょう。

けど、そんなことはありません。

 

年を重ねるにつれ、筋肉は落ちてきてしまうので、

筋力トレーニングはできるなら習慣にしてほしいですが

予防のために運動を始めるなら最初は簡単なことで大丈夫です。

 

私がお勧めしているのはウォーキング。

それもただ、歩くのではなく少し息が弾むくらいの速さで歩きましょう。

この「キビキビウォーク」は内臓脂肪を減らす効果があります。

 

病気の予防にもダイエットにも毎日30分のキビキビウォークをお勧めしますが

もちろん最初からこの時間を目指す必要はありません。

できるところから始めてください。それでも健康には効果があります。

 

ウォーキングが続くようになってきたら、もう少しきついことをやってみましょう。

ジョギングやテニス、など息があがるスポーツがお勧めです。

 

最近では格闘技を始める40代の方が増えてきているのはとても嬉しく思っています。

なぜなら、格闘技は筋トレと有酸素運動のどちらも兼ねているからです。

 

息もあがるし、筋肉もつく格闘技は病気の予防にうってつけかもしませれん。

ただし、かなりハードなスポーツであることは間違いないので

ご自身のペースで進めてください。

 

 

健康 運動

これからも多くの人を健康にしたいです

 


西荻窪・千歳烏山のお腹瘦せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

先日7月31日に発売した「40代肥満男性の体が変わる正しい食事」がなんと

 

本「肥満・メタボリックシンドローム 売れ筋ランキング」 

本「肥満・メタボリックシンドローム 新着ランキング」

本「家庭医学・健康 新着ランキング」

本「家庭療法・医学 新着ランキング」

kindle本「家庭医学・健康 新着ランキング」

kindle本「美容・ダイエット 新着ランキング」

 

それぞれのランキングで1位を獲得することができました。

 

 

 

8月6日にランキングで上位に入っていることがわかったのですが

正直なところ、自分でも驚きました。

まさか、こんなに売れていたとは・・・・

 

購入していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

 

本を執筆している理由

 

パーソナルトレーナーという対面のサービスをしているにも関わらず、執筆活動を続けているのは2つ理由があります。

 

それは

①多くの人に伝わる

本は記憶に残る

からです。

 

①1対1の仕事は「健康のために良いこと」が正しく伝わりますが、やはり多くの人には伝わりません。

その分、インターネットやTVなどのメディアを使って情報を発信することは多くの人に伝わります。

 

ただ、私の場合TVに出演できるわけではなく、このHPとFACEBOOKページがあるだけです。

そこでHPやFACEBOOKを見ていない方にも健康的なダイエット情報をお伝えしようと思い、本で情報を発信することにしました。

 

②『本』というメディアは記憶に残りやすいと私は考えています。

というのは文字で情報を伝えているからです。

 

ブログの記事も文字で情報を伝えていますが、本ほど情報がまとまっている訳ではありません。

ブログと違って本の場合は章立てされていますし、『起承転結』があります。

より、頭の中に入りやすいと私は思っています。

 

 

嬉しい評価をいただきました

 

 

アマゾンで発売したばかりにも関わらず、読者の方から嬉しいレビューをいただきました。

そのまま、ご紹介させていただきます。

 

『この本は、毎月書店に並ぶ「〇〇だけ」ダイエットなど、効果が無さそうな本への量産に憤りを感じ、本当に必要なことが何かを教えてくれる本です。

私も運動よりまずは食事の改善を行うべきと考えております、そう言った意味でもダイエットにおける本質を突いている素晴らしい本です‼️』

 

これはまさしく、私がこの本で伝えたかったことです。

 

ここ数年は「〇〇だけ」「楽」というタイトルのダイエット本をよく見ます。

全ての本を読めている訳ではありませんが、

読むと「効果がない」か「効果があっても体調を崩す」ような内容のことが書かれています。

 

しかし、これでは読んでいる人を幸せにすることはできません。

私は健康に関わる仕事をしている以上、人を幸せにしたいと思っています。

 

これからも多くの人を健康にしたいです

 

 

文章を書くことは楽しいのですが、どうしても時間がかかる作業です。

「どうしたら相手にわかりやすく伝わるか?」ということも考えなければいけません。

パーソナルトレーニングとはまた別の難しさを感じています。

 

ですが、私の中には「多くの人を健康にしたい」という気持ちがあります。

そのための手段の一つが「本を出す」という行為です。

 

これからも書籍という形で皆様とお話ができれば嬉しいです。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

 

40代肥満男性の体が変わる正しい食事』

著者 『お腹瘦せ』ダイエット専門トレーナー 小森祐史

定価99円 Amazon限定で販売中です。

 

 

 

健康 

体重を増やさない、ウェストを増やさない方法

 


電子書籍第2弾40代肥満男性の体が変わる正しい食事発売中 !

 

 

西荻窪・千歳烏山のお腹瘦せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

「食べ過ぎてしまったんです・・・」と罪悪感を感じながら

食事報告をしていただくことがあります。

 

確かにある日の食事は飲み会があったので、量はいつもより多めでした。

ですが、他の日はいたって普通の食事です。

 

それでも困った顔で来られるのは「体重が増えてしまった」からでしょう。

確かに飲み会の翌日は体重が増えていることがありますが、2日ほどすると元の体重に戻ります。

元に戻ると安心はしますが、飲み会の翌日に体重が増えていたらやはりショックです。

それが原因で食事日記をつけることをやめてしまう方もいます。

 

そこで、今回は「体重を増やさない方法」をお伝えします。

これを読めば、飲み会も安心して参加できる。という記事です。

 

 

飲み会の翌日に体重が増えるのは自然現象

 

 

体に取り込まれた糖質1gに対して、3gの水分がつきます。

ごはんお茶碗一杯分(糖質約60g)には約180gの水分が体内で吸着します。

つまり、ご飯ものや麺類と飲み物が沢山出る飲み会の翌日に体重が増えるのは正しい生理現象です。

 

飲み会の翌日に体重が増えるのはほとんどが水分、2日ほどすると体から自然に抜けていきます。

ですので、飲み会の翌日に体重が増えていても深刻に考えないことをお勧めします。

「また明日から頑張ろう」と切り替えて、食事日記をつけるようにしてください。

 

 

それでも食べることが多い時は運動で消費

 

 

それでも体重が増えている、という方ももちろんいらっしゃいます。

そういう方の場合は、やはり食べる量やカロリーの多いものを召し上がることが多く、脂肪で体重が増えてしまっています。

その場合は土日や仕事の前後に運動して食べた分を消費しましょう。

 

アルコール1杯につき、約200~300

これを消費するには約30分の早歩きが必要です。

 

飲んだ本数が多ければ、その分体を動かす必要がありますが

通勤時間や家事の時間を使えばうまく消費することができます。

アルコール2杯分を消費するなら往復で1時間は早歩きをするようにしてください。

 

通勤時間の場合は一駅分歩く、ご自宅では家事で立つ時間を多くすることがお勧めです。

日常の活動でもアルコール1杯分は消費できます。

 

それに加えて、週に1時間ほどの筋力トレーニングをすれば、筋肉を落とさずに体重は維持できます

 

カロリーが多いものを召し上がると脂肪と体重はどうしても増えますが、

そうならないように日常生活でも意識して体を動かすようにすれば体重の維持は可能です!

 

 

運動 食事