西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

体育の成績は「2」でした

 


 

西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット」専門トレーナーの小森です。

 

私はよくお客様との会話で気づいたことをブログの内容にさせていただいています。

 

先日、とある方を指導していた時に
「小森さんって運動は得意なんですよね」
と聞かれました。

 

「はい、得意です!サッカーも野球も50m走もクラスで1番でした!!!」
と言いたいところですが、実は全然違います。

 

私は小学校から高校を卒業するまで体育の成績はずっと「2」でした。

 

 

逆上がりができない小学生。懸垂は「1回だけ」の高校時代

 

少し、昔のことを振り返ってみましょう。
あれは約25年前、バブルが崩壊したころの話です。

当時私は確か小学校3年生でした。

 

今も昔も実はスポーツと名のつくものがあまり好きではなくて

(トレーニングと格闘技は大好きです♪)
もちろん体育の授業は嫌いな科目でした。

 

ある日、体育の授業で出された種目が逆上がり。
鉄棒でぐるっと回るあれです(大雑把な説明)

 

もちろん得意な子は簡単にやってのけます。
当時はできた子から次の種目を行っていて
できない子はできるまで居残りで練習をさせられました。

 

しかし、一人で練習してもうまくできず
友達に放課後も練習を付き合ってもらい
逆上がりができるようになったのはクラスの中で一番最後でした。

 

 

%e6%87%b8%e5%9e%82

 

もちろん、体育嫌いは高校まで続き、50m走は7秒台後半(高校3年生の平均は7秒28)
懸垂は1回だけ(同、平均は9回)、サッカーのリフティングはできたのは2回のみ。

 

それくらい運動神経がない子供だったんですね。

記憶がかなりおぼろげなのは昔のこともありますが
本当に嫌いだったから忘れてしまったんだと思います。

 

その後に格闘技を始めてから体が変わってくるのですが
今でも「スポーツ」をするのはあまり好きではありません。
特に球技は見るだけで、やるのは好きではないです。

 

 

運動が苦手だったからこそ、できない人のための指導を心掛けています

 

運動自慢(?)はここまでにして本題に入りたいと思います。

 

私のところに来られるお客様は「運動は好きじゃないけど、健康のために体を変えたい」という方ばかり。
「運動が好きじゃない」というのは小学校から高校までの私と同じですね。

 

自分自身、運動が苦手だったからこそ、お客様が続けられる運動指導を心掛けています。

 

自分の経験から言えますが、運動嫌いな人が続けるコツは「楽しい」運動をすること。
私が大学から格闘技とウェイトトレーニングを始めて、今まで続いているのは「楽しかったから」です。

 

そこで私が心掛けているのは「楽しく続けられて」「結果の出る」運動指導。
お客様が「できないこと」や「やりたくない」と思った運動は指導していません。

 

 

%e5%ae%b6%e6%97%8f%ef%bc%92

 

もし、パーソナルトレーニングに対して
「もの凄く厳しいんじゃないか」
「やりたくない運動をずっと続けるのはきついなあ」

と思われているのではあれば、是非、初回相談にお越しください。

 

ご家族やあなた自身が幸せになるための「続けられる」ダイエットを指導します!

 

 

 

bottum3-3

 

 

トレーニング モチベーション 健康 運動

運動と健康

 


西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット専門」トレーナーの小森祐史です。

 

「血糖値、内臓脂肪レベルが高いですね。運動しましょう!」と健康診断で言われ、
「そんなに食べてゴロゴロしていると不健康よ!外で運動しなさい」と奥様に言われ
嫌な気分になったことはありませんか?

 

実はよくこういうお話しをお客様からよく聞きます(笑)

運動は健康にいいとは何となく思うんだけど・・・

具体的に何がいいのかということをご存知の方はあまりいらっしゃらないでしょう。

 

皆様のやる気を引き出してあげるのがトレーナーの役目。
運動の効果をご説明しながら小言を言われないようにして差し上げます。
これを読めば、明日からちょっとだけ運動したくなりますよ♪

 

筋肉を増やすことで寝たきりを防ぐことができる

このブログで何度か登場している「ロコモティブシンドローム」

 

骨や筋肉が衰えてしまったことにより要介護の危険性が高まる状態です。

寝たきりになると脳梗塞や認知症になる確率も上がるので、本当に恐ろしい症状といえます。

 

厚生労働省は超高齢化社会に向けてこの「ロコモ」を防ぐ取り組みに力を入れていて、
その中でも一番力を入れているのが「運動」です。

 

なぜ、「ロコモ」の予防に運動なのか。
それは運動することで「筋肉」と「骨」どちらも鍛えることができるから。

人間の体は上半身に比べて、圧倒的に下半身の方が早く衰えます。
下半身の筋肉が弱くなると寝たきりになってしまうのです。
逆に寝たきりを防ぐ方法は下半身の運動を行うこと。

 

%e9%9a%8e%e6%ae%b53

 

 

私がお勧めしたいのは「スクワット」と「階段上り」。
「スクワット」はトイレの中でもできるし、階段は仕事の通勤で使います。
階段を見つけたら積極的に階段を使うようにしてください。

 

がんやメタボを予防する運動の効果

 

%e9%81%8b%e5%8b%95

 

運動にはがんやメタボを予防する効果があります。

 

国立がん研究センターの研究によると身体活動量が多い人ほど「がん」にかかる率が低くなるという結果がでました。

「がん」の種類別にみると男性では「結腸がん」「膵臓がん」「肝臓がん」。
女性では「胃がん」になる確率が低くなることがわかっています。

 

運動が「がん」のリスクを下げる理由として
・インスリンのはたらきが改善する(インスリンのはたらきが悪いと結腸がんになるリスクが上昇)
・活性酸素が作られるのを抑える

などが考えられますが、はっきりしたことはわかっていません。

 

また、メタボリックシンドロームの原因の内臓脂肪も定期的な運動で減らせます。

特にウォーキングや水泳、自転車等の有酸素運動は内臓脂肪を燃やす効果が大。
さらにバランスの良い食事を組み合わせることで糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞などの怖い病気も予防することができるのです。

ダンベルを使った運動や筋トレをしなくても「がん」や「メタボ」を防ぐことができるのは運動嫌いの人にはまだ救いがありますね。

 

運動は万能の薬

簡単に(?)ではありますが運動の健康効果をご説明させていただきました。
少しは運動に対してやる気を出していただくことができたでしょうか?

最後になりますがここである言葉を引用してこの記事を終わりにしたいと思います。

 

『もし、運動を錠剤の中に詰め込んでしまえるならば、その錠剤は、この世の中で、最も広範囲に処方され、恩恵をもたらす薬となるだろう』

ロバート N バトラー(国際長寿センター・アメリカ 元理事長・最高責任者)

 

つまりは「健康のために運動しましょう」ということですね(笑)

 

 

トレーニング メタボ ロコモ 健康 運動

コーヒーと健康

 


西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット専門」トレーナーの小森祐史です。

 

皆さん、コーヒーはお好きでしょうか?

私は大好きで毎日1~2杯は飲みます(ブラックのみ)

 

子供の時はあんな苦い飲み物の何がおいしいのか分からなかったのに
今ではコーヒータイムがすっかり1日の癒しの時間になっています。

子供のころの私と同じようにコーヒーが苦手という人もこの情報を聴いたら

コーヒーを飲まざるを得ないかもしれません。

 

実はコーヒーをよく飲む人は「がん」になりにくいということがわかっています。

 

科学的な根拠があるコーヒーの健康効果

 

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc 

 

国立がん研究センターの10年間研究結果による結論は
「コーヒーをよく飲む人はがんになりにくい」というものでした。

 

肝臓がん、子宮内膜がんには予防効果が「ほぼ確実にある」
大腸がんには予防効果の「可能性あり」と国立がん研究センターは結論付けています。

 

なぜ、コーヒーに「がん」の予防効果があるのかはっきりとしたことはわかっていませんが
一説にはコーヒーを飲むとインスリンの分泌が抑えられること(大量のインスリン分泌はがんになる確率を高めます)
コーヒーに含まれるポリフェノールによる抗酸化作用で「がん」になる確率が低くなると考えられています。

 

飲みすぎには注意

 

%e3%81%9f%e3%81%b0%e3%81%93

 

ただし、どの食べ物にも言えることですが食べ過ぎ、飲みすぎには注意です。
コーヒーの飲みすぎが胃腸を荒らし、高血圧や脂質異常症、膀胱がんのリスクをあげるという調査結果があります。
膀胱がんのリスクを上げるたばことの組み合わせになるとさらにリスクが上がるので

たばこを吸いながら、コーヒーを飲む習慣は絶対に避けたいところです。

 

あくまでコーヒーは嗜好品。
がんの予防にはバランスの良い食事と運動を私は第一にお勧めします。

 

コーヒーを嗜むのはお仕事の合間やお休みの日。
自分の生活スタイルに合わせて、がんの予防を兼ねたコーヒータイムを楽しんでください。

 

それでは

 

健康 食事

セミナー開催報告

 


西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット専門」トレーナーの小森祐史です。

 

10月15、16日にセミナーを開催させていただきました。

今回開催したのは「モチベーションテクニック」学ぶ「フィットネスモチベーター」認定講習会。

 

「モチベーションテクニック」とは”楽しくて続けられる運動”を指導できる技術。
そして、「モチベーションテクニック」を使って運動指導ができるトレーナーを「フィットネスモチベーター」といいます。

 

「モチベーションテクニック」を考案したのは
卓球の福原愛選手や青山学院大学陸上部のトレーナーとして有名な「中野ジェームズ修一」先生。
現在までに1000人近くの人がこの技術を学びました。

 

一般の運動指導の資格と違うのはクライアントの性格を考えながら指導ができること。
その分、セミナー中はいつもは使わない脳みそを使います。

 

課題は一人では答えを出すことが難しいものばかりです。
セミナーはグループワークが中心の内容ですが、集団で考えてもなかなか答えは出ません。

(写真の奥に移っているのが私です。珍しくスーツを着ています笑)

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92

 

ただし、ここで大事なのは答えを知ることではなく、「どういう風に指導したらクライアントが運動を続けたいと思うようになるのか」を学んでいくことです。

動画を見ながら、クライアントの性格を考える実践的なワークも行いました。

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%93

 

長時間のセミナーでしたが、集中力を切らすことなく皆さんついてきてくれました。
12時間、話を聴いて、頭を使うのは大変だったと思います。
本当にお疲れ様でした。

 

%e3%82%bb%e3%83%9f%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91

 

パーソナルトレーナーという仕事に対する思い

 

Trainer im Fitnessstuido

 

トレーナー経験が4年しかない私がこの資格を発行しているのは理由があります。

それは「トレーナー」という仕事をもっと世間に身近なものにしていきたいからです。

 

これから先、日本はますます長寿社会になっていくでしょう。
長寿であるということは幸せな時間が伸びることで喜ぶべきですが、
その一方で日本の医療費は年々膨らんでいます。

 

ご存知の通り、日本国民は全員、健康保険に加入しています。
しかし、このまま寿命が伸び続ければ、世界でも稀な福祉制度も近い将来破たんを迎えるかもしれません。

 

これから先、自信の健康は自分で守ることが本当に重要になってきます。
その時に健康をサポートできるトレーナーは社会的に需要がある職業です。

 

運動で筋肉をつけて、免疫力をあげることは1番の病気の予防。
健康的で正しい運動を指導できるトレーナーが一人でも増えてくれたら
という思いで今回の講習会を開催しました。

 

トレーナーの育成はこれからも続けていきます。
今回の講習会はいつもと違うやりがいを感じた貴重な2日間でした。

 

 

 

トレーナー育成 トレーニング モチベーション 健康

ダイエットの敵!ストレスと付き合う方法③

 


西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット専門」トレーナーの小森祐史です。

 

ストレスに関する記事、最終回。
最終回は実際にストレスを処理する方法をお伝えします。

 

ストレスを抱えている方が一人でストレスを処理するというのは非常に難しいこと。
自分を支援してくれる人間(家族、友人)が必要です。
もし、支援者にストレスを軽減してもらう(ストレスマネジメント)としたら、

という形でここから話を進めていきます
ここからさらに専門用語が多くなりますが、ご了承ください。

 

これで撃退!ストレス対処法10選!

「ストレスコーピング10則」と呼ばれるストレス対処法を紹介します。
これはストレスによる肩こりや頭痛など体の不調を改善する時にまず最初にとられる対処方法です。

 

1.ストレッサーを軽減、除去する
2.ストレッサーとの距離を変える
3.ストレッサーから一時避難する
4.ストレッサーを回避する
5.ストレッサーの心理的意味を考える
6.ストレッサーとの取り組みを支援する
7.ストレス処理能力を高める(自律訓練法、筋弛緩法)
8.ストレス耐性を高める(性格を変える)
9.ストレスを発散する(愚痴や告白したいことを聴いてあげる)
10.ストレスを忘れる(代替療法)

 

1~4まではストレスから逃げる方法。
5はカウンセラーが話を聴きながら問題を解決する方法
6はストレッサーとの取り組みを家族や友人が支援する方法です。

それ以外のものについてもう少し詳しく説明しましょう。

 

7.ストレス処理能力を高める(自律訓練法、筋弛緩法)

医療機関でも処方される科学的根拠のあるリラックス方法をここでは紹介します

 

自律訓練法・・・自分に暗示をかけ、緊張をほぐしていく心理療法
筋弛緩法・・・体の一部分に力を入れて、緩めるという動作を順番に全身で行う方法

 

どちらも筋肉の緊張の緩和、疲労の回復、不眠の改善効果があることがわかっています。

 

8.ストレス耐性を高める(性格を変える)

同じストレッサーをどう感じるかでストレスの度合いは変わります。
そこでストレッサーそのものを変えるのではなく、

自分の性格を変えてストレスに対する耐性を高めるのがこの方法。

 

「楽観的な人」・・・心臓疾患の回復が早い
「ユーモアのセンスのあるひと」・・・うつになりづらい
「自尊心のある人」・・・マタニティブルーになりづらい
「よく笑う人」・・・免疫力が高い

 

性格を変えることで上記のような効果があることがわかっています。

ただし、性格を変えることは簡単ではありません。
心理学や精神分析学の知識が必要かつ時間をかけてじっくり取り組む必要があります。

 

9.ストレスを発散する(愚痴や告白したいことを聴いてあげる)

「村八分」という言葉がある通り、集団から外されることにストレスを感じる日本人(所属欲求)
今所属している会社の部署、グループに不満がある。
外れたくても外れられない、それがストレスになっているのです。

そこで支援者がストレスを抱えている方の愚痴を聞いてあげます。
この方法で相談者のストレスを緩和してあげることができます。

 

10.ストレスを忘れる(代替療法)

スポーツや読書、長電話など自分の好きなことでストレスを発散します。

ただし、過食と飲酒は避けるようにしてください。
この2つはストレスの発散ではなく、一次的に忘れているだけ。
健康を害してしまうこともあるので、それ以外の方法でストレスを発散するようにしましょう。

 

 

タイプAの人のストレス対処法

 

%e3%81%84%e3%82%89%e3%81%84%e3%82%89

 

タイプAとは「せっかちで」「いらいらしやすく」「いつも不安」な性格の人のこと。
タイプAの場合、日常の行動を変えることがストレスの減らすコツです。

 

①目標を下げる
まず、タイプAという性格の人は、前述のとおり「目標の設定が高すぎる」

という特徴があるので、目標値を下げさせなければいけません。

もし、「週5日、ダイエットのために毎日2時間水泳をする」という目標があるとして、
現実的に週3回しか運動する時間がないとしたら、

運動ができない2日間はその方にとってストレスです。
そこで支援者は「まず週3日の運動」を進めてあげましょう。
本人がそれに同意することがもちろん必要です。

 

②タイプA行動をチェックする(チェックシステム)

まず、タイプAの人自身と支援者が専門の試験紙に回答し、タイプAであるかどうかを総合的に判断します。
その評価を見て、タイプAを改善したいかどうか本人の同意を得たところでタイプA行動のチェック開始です。

支援者がタイプA行動を逐一指摘します。
行列でイライラしていたり、食べるスピードが速かったら、その都度指摘してあげましょう。
タイプA行動の回数が減り、次第に日常でストレスを感じる事が少なくなってきます。

指摘されることにさらにストレスを感じるかもしれませんが、
本人の同意がある、支援者に指摘してもらっているので
必要以上のストレスを感じることはありません。

 

③タイプA行動修正エクササイズ
日常生活からタイプA行動と逆のことをすることを「タイプA行動修正エクササイズ」といいます。
「エクササイズ」と名前がついていますが「運動」ではありません。
チェックシステムと違い、ご自身で計画を立ててそれを実行します。

 

例 月曜 ゆっくり歩く 
  火曜 人を批判しそうになる前にやめる
  水曜 楽しかったことを思い出す。
  
曜日ごとでなく、週ごと、月ごとに計画を立てても問題ありません。
チェックシステムと同じく日常でストレスを感じることが少なくなってきます。

 

%e5%ae%b6%e6%97%8f

 

以上がストレスマネジメントの代表的なものです。

 

いかがだったでしょうか?

 

専門的な技術が必要なものもありますが、

ストレスを抱えている人に共感してあげることが体や心の不調を改善する第1歩。
困っている人がいたら、話を聴きながらその人の気持ちに立ってあげてください。

 

もし、それでも打つ手がなく困っているときは
カウンセラーや健康心理士、そしてストレスマネジメントの技術を持つトレーナーに相談しましょう。
きっとあなたの力になってくれるはずです。

 

 

こころの健康 ストレス ダイエット 健康