西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニングは卒業するものです

 


この記事を読み終わるまで約3

ボールを持つ女性の肩に手をかける男性

 

西荻窪・千歳烏山『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

パーソナルトレーナーという職業が一般的になり、パーソナルトレーニングを受ける方が増えてきました。

 

色々な種類のサービスがありますが、受けている皆さんに共通しているのは「体を鍛えて、自分の悩みを解決したい」ということです。

ではパーソナルトレーニングを受けて、その悩みが解決した時は・・・

 

この記事は

 

・パーソナルトレーニングを受けると「どのように体が変わるのか」知りたい方

・パーソナルトレーニングを受ける期間が気になる方

 

におすすめです。

 

 

パーソナルトレーナーの役割は悩みを解決すること

白い机を挟み向かい合う男女

 

先ほども述べた通り、パーソナルトレーナーの役割は体を鍛えて悩みを解決すること。

私のようにダイエットや不調の改善を目的に指導している場合、「生活習慣の改善」が主な指導内容になります。

 

お腹周りをスッキリさせたい!」「膝の痛みを楽にしたい!」方向けに筋トレやストレッチの方法を指導します。

 

ただ、指導するとはいえ、体を動かすのはご本人です。

もっと先の人生を考えると、お一人でも運動ができるようにならないといけません。

 

 

運動が続けられるよう全力でサポートします

お互いに向き合い床にしゃがみ込む男女

 

しかし、一人で運動を続けるのはとても大変なこと。

ダイエットを始めたくても何をすればいいかわからないし、どれくらいのペースで運動続ければいいのか不安な方はたくさんいらっしゃるでしょう。

 

そのために私達トレーナーは運動が続けられるように全力でサポートします。

走るのが不安な方とはペースを合わせて走りますし、膝周りに筋肉をつけるために一緒にスクワットもします。

 

お客様の不安が無くなるまで一緒に運動することを約束させてください。

 

 

パーソナルトレーニングは卒業するものです

女性に黒い帽子をかぶせるスーツ姿の男性

 

最初の話に戻りますが、課題や悩みが解決したら・・・

 

その時はお客様にパーソナルトレーニングを卒業していただきます。

 

パーソナルトレーニングはずっと「続ける」ものではありません。

悩みが解決し、運動を続ける自信ができたらぜひお一人で運動する時間を作ってください。

 

『お腹周りがスッキリしてオシャレを楽しめるようになった』

『以前より足取りが軽くなった』

『朝が来るのが待ちどおしい』

 

今までと違う自分に会えるはずです。

その目安は6ヶ月〜3年。

 

私と一緒に体を変える第一歩を踏み出してみませんか?

いつまで元気な自分でいたい方」のご連絡お待ちしています。

 

 

筋肉をつけて、いつまでも元気な自分でいたい方はこちらから

 

bottum3-3

 

 

 

パーソナルトレーニング 健康

運動だけで血糖値は下がらない

 


この記事を読み終わるまで約3

 

ランニングする女性の下半身

 

西荻窪・千歳烏山『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

男性だけでなく、女性も気になるのが血糖値。

血管の健康では血圧と同じくらい大事な項目です。

 

このブログを読まれている方も、健康診断で血糖値の高さを指摘されたことはあるのではないでしょうか。

パーソナルトレーニングでもよくご相談をいただきます。

 

「運動を始めれば血糖値は下がる」と考える方は多いですが、実は運動だけではなかなか下がりません。

 

なぜ運動しても血糖値は下がらないのでしょうか?

 

この記事では、血糖値がなかなか下がらない理由とその解決法をお伝えします。

 

この記事は

 

・運動を続けているのに血糖値が下がらなくて困っている方

 

におすすめです。

 

 

血糖値が上がる仕組み

口から入った食べ物は胃や腸で消化吸収され、ブドウ糖に変わります。

血液に溶けたブドウ糖(血糖)は、筋肉や肝臓に蓄えられ体を動かすエネルギー源へ。

 

血糖の高さを血糖値といい、この数字が高くなり過ぎると血管を傷つけたり、神経に障害を引き起こします。

糖尿病とはこれらの症状を総称したものです。

 

逆に低すぎても、集中力が落ちるなどの症状が表れます。

血糖値は高すぎても低すぎても体に悪影響があり、適度な数字であることが理想です。

 

 

血糖値を下げるために①食事

みそ汁や炊き込みご飯と小鉢

 

先ほども述べたとおり、血糖は筋肉のエネルギーとして消費されます。

つまり、血糖値を下げるために運動は必要です。

 

ですが、実はそれだけでは足りません。

食事の内容も血糖値に大いに関係があります。

 

実際、糖尿病の治療では運動と食事を見直すことが基本となっており、患者の方は「食品交換表」というものに沿って内容を見直します。

 

今、糖尿病を患っていない方も食事の内容をぜひ見直してみてください。

お酒の回数、間食が多い、など原因が見えてくるはずです。

 

食事の内容を見直したら14品目法にチャレンジしましょう!

血糖値を下げるのはもちろん、ダイエットにも有効な食事の取り方です。

 

 

血糖値を下げるために②睡眠

睡眠不足も血糖値が上がる原因です。

 

睡眠不足になると交感神経が優位に働き、血糖を上昇させる糖質コルチコイドの分泌が多くなります。

その生活習慣が続くと常に高血糖なので、長期的な健康を考えると睡眠不足は解消しなければいけません。

 

@e-ヘルスネット

 

日本人の平均睡眠時間は7時間半。

諸外国が8時間以上であるのに比べると短い時間です。

 

必要な睡眠時間には個人差があるので、何時間眠ると健康に良いか?という疑問には、はっきりとした答えが出ていません。

 

ただ、睡眠が足りない自覚があれば30分だけでも早く寝ましょう。

早寝の習慣がつけば生活習慣も整い、血糖値も徐々に下がります。

 

 

血糖値を下げるために③ストレス

以上の2つに気を付けても血糖値が高ければ、その時はストレスを疑います。

 

交感神経が働くと血糖値が高くなるのはさきほども述べた通りです。

ストレスを感じると交感神経は優位になるので、日常的にストレスを感じると血糖値は高いまま。

 

どんなに生活習慣に気をつけていてもなかなか血糖値は下がらないのです。

体を動かすのに交感神経は不可欠ですが、車のエンジンと同じで常に働かせる必要はありません。

 

頭を抱える茶髪の女性を介抱する黒髪の女性

 

もし、日常で大きなストレスを抱えていたら、相談できる相手を見つけましょう。

 

私の主観になりますが、仕事や家事、育児を頑張っている方ほどストレスを抱えている人が多いと感じます。

 

相談することは恥ずかしいことではありません。

むしろ、ストレスを発散・相談できる相手は誰でも必要です。

 

ただし、不要なトラブルに巻き込まれないよう相談相手は選ぶ必要があります。

その時は自分の秘密を守ってくれる家族や友人以外の第三者がおすすめです。

 

体のことを話すならお医者さんやパーソナルトレーナーに相談するといいでしょう。

 

 

運動だけで血糖値は下がらない

ベンチに座り海を眺め女性

 

血糖値が上がる原因は様々で、必ずしも運動不足が原因とは限りません。

これはダイエットでも同じで「運動だけしていれば痩せる」というのは現実とかけ離れています。

 

「食事」「睡眠」「ストレス」

 

上記で上げた3つは全て健康と直結しています。

運動を続けているのに結果が見えてこない、という方は運動以外のことにも目を向けてみてください。

 

こころの健康 健康

家庭用ゲームとジムとパーソナルトレーニングと

 


この記事を読み終わるまで約3

 

机を囲む5体の人形

 

西荻窪・千歳烏山『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

みなさんはGWをどのように過ごされたでしょうか。

長い連休は特に外出もせず、近場で楽しんだ方も多かったようです。

 

私の友人はこの連休でジムに入会していました。

みなさん運動経験のない方です。

 

ただ、残念なことに誰もパーソナルトレーニングを始める気はなく、口を揃えて「自分で頑張る」と言います。

運動経験者ならわかりますが、未経験者が一人で頑張ってもなかなか結果がでないかもと私は感じてしまいました。

 

なぜかというと・・・

 

今回のお話はジムとパーソナルトレーニングの関係性について、「家庭用ゲーム」に例えてお話しします。

ゲームとパーソナルトレーニングにどのような関係があるのでしょうか?

気になる方は続きをお読みください。

 

この記事は

パーソナルトレーニングに興味はあるが、まずは「自分で頑張ろう」と思っている方

 

におすすめです。

 

 

ジムは家庭用ゲーム機

左半分はジム右半分はゲーム機の写真

 

ダンベルやバーベル、ストレッチマット。

ジムにはトレーニングするための基本的な環境が整っています。

 

当たり前のことですが、器具を置いていないジムはありません。

それはトレーニングを続けるために必要なものだからです。

 

もし、ゲームで遊ぶなら何が必要でしょうか?

そう、ゲーム機という本体が必要です。

ゲーム機がなければゲームで遊ぶことはできません。

 

「トレーニング=ゲーム」と考えると「ジムとゲーム機」は「基本的な環境」という点で同じと言えます。

 

 

トレーニングメニューはゲームソフト

左半分に黒いメニュー表右半分はCDソフトの写真

 

「ジム」が「ゲーム機」なら「トレーニングメニュー」は「ゲームソフト」です。

ダイエットを始め体を変えるなら適切なトレーニングメニューが必要で、その内容が面白いものであれば運動は長続きします。

 

面白いゲームに「時間を忘れて熱中した」ことはありませんか?

 

面白いゲームに熱中するのと同じように、パーソナルトレーニングでは運動が楽しく続き、習慣にできるメニューを提供しています。

 

 

ゲーム機とソフトが揃わないとトレーニングは楽しめない

パソコンの画面を見て喜ぶ二人の子供

 

ゲーム機とゲームソフトが揃っていないとゲームは楽しめません。

ジムに行っても適切なトレーニングメニューがないと運動は続きません。

 

トレーニングメニューを用意していないのにジムに通うのは「ゲームソフトがないのにゲームで遊ぶ」のと同じです。

 

これでは運動は続かないし結果は出ないでしょう。

 

自分でメニューを作れる方もいますが、それはかなりのトレーニング熟練者だけです。

未経験者の方は自分で作ることができません。

作れたとしても、効果のない内容になっていることがほとんどです。

 

お客様の中には

 

ジムに入会して1年経つけど、2ヶ月くらい経ったころからだんだん通わなくなってしまった

 

という方が多く、自分でトレーニングメニューを作れる方はいませんでした。

 

運動未経験者の方が「自分で頑張る」というのは「ゲームソフトがないのにゲームを楽しもう」と思っているのと似ています。

 

もし、友人がこの記事を読んでいたらパーソナルトレーニングをぜひ検討して欲しいなあと思っているところです。

 

 

ジム パーソナルトレーニング

あなたの疑問に『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーがお答えします

 


この記事を読み終わるまで約3

 

 

西荻窪・千歳烏山『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

今、この記事を読んでいるあなたはこういう疑問をお持ちではないでしょうか?

 

・歩くたびに膝が痛いけどダイエットした方がいいのかな?
・糖質制限すれば運動しなくてもダイエットできる?
・血圧が高いから激しい運動はやめた方がいい?

 

など。

 

ほとんどの方が一度は考えたことがあるでしょう。

 

ブログでは悩みを解決する方法を書いてきました。

少しでも多くの方に伝わるようにもちろん今後も続けていきます。

 

ただ、同時に新しいことを始めようと今考えているところです。

 

 

ブログを書き始めたきっかけ

モバイルパソコンと手帳と人間の手

 

ブログを書き始めたきっかけは「友人が30歳で糖尿病になってしまった」ことでした。

糖尿病は脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす恐ろしい病気ですが、運動習慣がありバランスよく食事を取れば予防も改善もできます。

 

後日その友人に呼ばれた時に「運動習慣をつける」アドバイスをしました。
しかし私の話は聴いてもらえず、出てくるのは「糖質制限を始めた」話のみ。
「運動」という言葉は最後まで出てきませんでした。

 

私の伝え方が良くなかったのかもしれません。

耳から聞いただけではなかなかイメージできないこともあると思います。

 

ブログを書き始めたのはそれからでした。

 

自分なりに「運動続けることの大切さ」を文章で伝え続けました。

読んでくれる人が増え、感想をいただくこともあるので続けてきたのは間違っていなかったと思います。

 

しかし、ここ最近どうしても気になることが・・・

 

 

メディアの情報が全て正しいとは限らない

キーボードを手元に置きモニターを見つめる子供たち

 

それはパーソナルトレーニングの最中のことでした。

 

お客様とジムのTVを見ながら話している時に「小森さんの話はTVと違う」と言われたのです。

 

お話を伺うと「糖質制限」に関することでした。

 

「糖質制限」に関する話は特に色々な意見が出ています。

糖質を少し制限することが健康面において良いのは間違いありません。
私もそのようにお伝えしています。

 

しかし、極端な方法」はおすすめしません。

 

「極端な方法」とはお米やパン、麵類、果物など糖質の多いものを一切控える食事法。
6か月以上続けると心臓疾患になりやすいことが分かっています。

 

TVなどのメディアでは「極端な糖質制限」を健康法として推奨していることがあります。
糖質を「少し制限する」方法を私はおすすめしていますので、聞いている方は混乱してしまいますよね。

 

もしかしたら友人もTVを見て糖質制限に変えたのかもしれません。

 

インターネットなどのメディアが発達したことにより、情報が爆発的に普及するようになりました。
情報が多くなったことは良いことですが、一方で「正しいとは限らない」情報が多くなったのも事実です。

 

 

あなたの疑問に『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーがお答えします

机の上で手を組むスーツ姿の男性

写真:稲葉 九

 

ブログを始めてから世の中には「正しいとは限らない健康情報」が多いことに気づきました。

 

健康に関心がある人も「どの情報が正しいのか」分からず、迷われることが多いと思います。

そこでダイエットの質問に回答するサービスを5月から始めました。

 

パーソナルトレーニングのように個別のご相談は受けられませんが、一般的なご質問にはできるだけお答えします。

 

TVで話していた〇〇という健康法は正しいの?
〇〇だけ食べれば痩せられる?
腹筋をすればウェストは引き締まる?

 

などダイエットに関する質問を受け付けています。

 

今、あなたが気になっていることはどんなことでしょうか?
ぜひ教えてください。

 

あなたの1日がもっとより良くなるように『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーがお答えします。

 

※ご質問と回答内容はHP等に掲示する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

 

質問はこちらから
「ご希望の場所」→「ダイエットに関する疑問・質問」をお選びください

 

 

ダイエット