西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

全てのパーソナルトレーナーに必要な「信頼関係を築く」力

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

車座になって話し合う人たち

 

西荻窪・千歳烏山『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

2月14日、16日に研修会の講師を担当しました。

どちらもトレーナー、コーチ向けの内容だったのですが、その中では「メンタル」の大切さをお話しました。

 

「メンタル」というと

 

・相手の心を読む
・自己啓発的なもの
・洗脳

 

というスピリチュアルなものを想像されることが多いのですが、そうではありません。

 

「相手のことを一人の人として尊重し、向き合うこと」が「メンタル」です。
これだけではちょっとわかりづらいのでもう少し記事の中でお伝えしましょう。

 

この記事はこのような方におススメです。

 

・トレーニング指導が継続できない方
・これからパーソナルトレーナーを目指す方
・フィットネスクラブにお勤めの方

 

 

多くのパーソナルトレーナーが気付いていないこと

机の上に並ぶトレーニングの専門書

 

パーソナルトレーナーにとって必要なスキルはたくさんあります。

 

・筋肉・関節・骨など、解剖学の理解
・筋トレの方法
・ストレッチの方法
・有酸素運動の方法

 

では、これらの知識を身に着ければ現場で実際に指導できるかというと・・・

 

答えはNOです。

 

お客様からすれば、パーソナルトレーナーに知識や技術があるのは当たり前ですし、トレーナー側もそういった勉強は常に心がけています。
しかし、知識や技術があること」と「良き指導者であること」はイコールではありません。

 

では筋トレやストレッチの方法以外にどのような能力が必要なのでしょうか?

 

 

全てのパーソナルトレーナーに必要なこと

「信頼関係」の文字が書かれた黒板と握手する木製人形

全てのパーソナルトレーナーに必要なこと。
それは「信頼関係を築く」力です。

 

トレーニングで指導する相手は人間です。
ロボットではありません。

 

一人ひとり感情があり心があります。
特にパーソナルトレーニングを受けに来る方は大きな願望を持っています。

 

筋肉をつけて、体を柔らかくし、心臓を強くすることで叶えたいことがあるのです。

 

1人の人間として尊重しながらトレーニング指導をする必要があります。
ただ、筋肉がついて脂肪が落ちるトレーニングプログラムを組めばいいわけではありません。

 

 

パーソナルトレーニングは相手と信頼関係ができたうえで成り立つ

1人の男性が机に座った人達の前で話をしている

 

お恥ずかしい話ですが、短期間で指導が終わってしまったことがあります。

短期間で指導が終わるのは、指導技術がないからではなく相手と信頼関係が築けていないから。

 

残念なことに多くのパーソナルトレーナーがそのことに気づけていません。

あなたが今持っている運動指導技術は相手がいてこそ成り立ちます。

 

今、お客様と信頼関係はできていますか?
ご不安があればぜひ一度「人」のことを勉強してみてください。

 

一般社団法人フィジカルトレーナー協会では、クライアントと「信頼関係」を築き、結果を出す「運動指導」の考え方をお伝えしています。

 

次回は3月23日のベーシック講習会
メンタルパートは私、小森祐史が担当します。

 

現場で結果を出したい方、これからパーソナルトレーナーを目指す方はぜひお越しください。
お客様の運動指導が続く考え方をお伝えします。

 

トレーナー育成 パーソナルトレーニング

運動を続けているのに痩せない 単純だけど3つの大きな間違い

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

あごに手を当てるスーツ姿の女性

 

西荻窪・千歳烏山『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

「ジムに会費を払って、3か月も頑張ったのになぜお腹の浮き輪が落ちないの?」
と思ったことは一度や二度ではないでしょう。

 

「運動を続けているのに痩せない」という悩みは皆さん共通かと思います。

一方で同じ時期にダイエットを始めて、体が驚くほど変わった人もいます。

「運動を続けたら痩せた」という人と、「運動を続けているのに痩せない」という人がいるのはなぜでしょうか。

 

体質?
年齢?
性別?

 

いえいえ、このどれでもありません。
そこには単純な3つのミスがあります。

この記事では「運動しているのに痩せない方が間違えやすいこと」をまとめました。

 

こういう方におススメです。
運動を続けているのに全く痩せない方

 

 

運動方法を間違えている

レッグプレスを指導する男性

 

運動しても痩せない方に多いのが「運動方法を間違えている」というものです。

「お腹周りを変えるために腹筋をしよう」という方は多いですが、実はこれが間違い。

 

お腹周りを落とすなら基礎代謝を上げなければいけません。

基礎代謝を上げるために鍛えるべきは大きな筋肉です。

 

実は腹筋は小さな筋肉なので、いくら鍛えてもそれほど基礎代謝は上がりません。
それよりも大きな筋肉が集中する「下半身」「背中」「胸」の3か所を鍛えるべき。

 

もし今ダイエットで成果が出ていないなら、パーソナルトレーナーに相談してトレーニングを見直すことをおススメします。

 

 

同じ運動を続けている

列に並び右足を同時に前に出す木製人形

 

あなたは3か月前と同じトレーニングを続けていますか?

 

3か月前:スクワット20×3回 週1回
今:スクワット20×3回 週1回

 

もし今もトレーニングを同じ重さ・回数・頻度で続けていたら、要注意です。
筋肉が弱くなっているかもしれません。

 

トレーニングを続けるとその刺激になれてしまい、筋肉を使わないでも同じ動きができるようになります。
これは自転車に乗れなかった人が乗れるようになると、あまり力を使わないでも進めるようになるのと同じです。

 

トレーニングの原則に「漸進性」というものがあります。
「徐々にトレーニングの負荷を増やさないと筋肉は強くならない」という原則です。

この原則に沿っていないトレーニングを続けると筋肉は弱くなります。

 

同じ運動を続けることは、「効率よく体を動かせるようになる」ということではメリットがあります。

ですが「筋肉を強くする」ということではデメリットなので、ダイエットの結果は出てこないでしょう。

 

もし今現在3か月以上同じトレーニングを続けているなら、負荷を上げる必要があります。
負荷の上げ方は難しいので、その時はパーソナルトレーナーに相談するようにしてください。

 

 

食事のバランスが悪い

焼き魚と混ぜご飯と豚汁と小鉢2品

 

気を付けているつもりでもなかなかできていないのが食事バランス。
穀物(ご飯やパン、麵類)を除いて、同じものを1日に2回食べていたら要注意。
筋肉ではなく、お腹に脂肪をつける食事になっているかもしれません。

 

ダイエットのために食事をバランスよくとるなら、こちらのアプリがおススメです。

 

バランス日記 10食品群チェック

 

高齢者の方の低栄養を防ぐために作られたアプリですが、もちろん中高年の方のダイエットにも効果があります。

 

食事内容に不安があれば、アプリで見直してみましょう。
とても簡単に栄養チェックができます。

 

ダイエット トレーニング

プロテインは善か悪か問題

 


この記事を読み終わるまで約3分

 

顔文字付きの赤と青のブロック

 

西荻窪・千歳烏山『お腹瘦せダイエット』専門パーソナルトレーナーの小森祐史です。

 

先日、SNSを見ていたらプロテインのことが話題になっていました。

 

あるトレーナーがシニアのお客様にプロテインを勧めたところ、「ムキムキになりたいわけではない」とご家族の方が苦言を呈されたそうです。

ほとんどの運動指導者がご家族の方に否定的な意見でした。
「プロテインを悪者にしている」と。

 

プロテインはたんぱく質を粉末にしたものです。
水や牛乳に溶かして飲みます。

筋肉の材料ですから、確かに害があるわけではありません。

 

しかし、運動指導者の意見に私は違和感を覚えました。

プロテインだけがたんぱく質をとる方法でしょうか
そもそもシニアの方がプロテインを飲む必要はあるのでしょうか?

 

この記事はこのような方におススメです。

 

・健康に関心があるシニア世代の方
・シニア世代のご家族がいる方

 

 

シニアの方は栄養不足になりがち

布団をかけて寝ているシニア男性

 

フレイル」「サルコペニア

どちらも加齢・運動・栄養不足により筋肉が衰えてしまった状態をいいます
これは生活機能全般が衰え、要介護になる一歩手前。

 

確かに20代をピークに筋肉は徐々に落ちていきます。

一説には一年に1%筋肉が落ちるといわれていますが、予防できることは皆さんご存知でしょう。

 

私が気になっているのはシニアの方の栄養不足。

トレーニングの指導をしていると食事の量が少なく、栄養状態があまり良くないことが多いです。

40代の方は運動不足、60代以上の方は運動・栄養不足で筋肉が衰えている、というのが私の実感です。

 

 

食事で栄養不足を防ぐ

テーブルで食事するシニア夫婦

 

では、栄養不足を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

 

それは食事をバランスよく食べることです。

 

定期的に運動して食事をバランスよく摂れば栄養は不足しません。

筋肉の衰えは防げます。
これは若いか高齢であるかは関係ありません。

 

たんぱく質の場合、1日に必要な量は「体重1kgあたり1g」
体重60kgの人なら60gです。

 

体重60㎏の人は

 

豚肉 150g 20g
青魚 150g 20g 
卵 1個 6g
納豆 1パック 8g
牛乳 コップ1杯 6g

 

を1日のうちに食べれば、プロテインを飲む必要はありません。

 

たんぱく質以外の栄養ももちろん重要です。
私がおススメしてるのは14品目法3色3食品群法

これを続けていけば、「フレイル」や「サルコペニア」は予防できます。

 

ただ、高齢者の方はたんぱく質を10~20gほど多めにとる必要がありますので

 

卵1個 → 2個
牛乳1杯 → 2杯

 

にするなどの工夫が必要です。

 

食事でたんぱく質が取れない時に、プロテインという選択肢が出てきます。
水や牛乳でプロテインを20g溶かせば、そのままたんぱく質が20g取れます。

 

 

プロテインは善でも悪でもない

粉末のサプリメントを計量スプーンですくう

 

プロテインは善か?悪かの前に内容を考えて食事を摂るようにしてください。
そうすれば、日常生活で困ることはないでしょう。

 

もちろん、同時に運動も続けてください。

毎日、明るく元気に過ごすには運動を習慣にすることが大事です。

今回の話題は私も勉強になりました。

 

プロテインを飲んだ方がいいと思っているトレーナー
プロテインは体に良くないと思っている一般の方

 

どちらの意見にも私は賛同できませんでした。

トレーナー側は「食事でたんぱく質を取る」という選択を用意するべきだし、
一般の方は「健康のためにプロテインを飲む」という方法も知っておいてほしいと思います。

 

プロテインは善でも悪でもありません。
必要であれば飲めばいいし、食事で栄養が取れるなら必要はないです。

この記事を読まれているシニア世代の方は、今後のためにもぜひ選択肢をたくさん用意しておいてください。

 

健康 食事