西荻窪 千歳烏山 ダイエット

【西荻窪・千歳烏山】お腹痩せダイエット専門パーソナルトレーニング

脱メタボセミナー開催報告

 


 

 

西荻窪、千歳烏山の『お腹瘦せダイエット』専門トレーナーの小森祐史です。

 

9月30日(土)に開催した脱メタボセミナーの模様をお届けします。

セミナーには30代以上の方にお越しいただきました。

 

 

メタボで悩んでいる人は多い

 

 

セミナーの中では皆さんにある問いをしました。

「どうして今回のセミナーに参加したのでしょうか?」

 

「将来的に病気になって家族に迷惑をかけたくない」

「医者からダイエットをするよう言われたが、何をすればいいかわからない」

という回答が多い中、ご親族を病気で亡くされた方もいらっしゃいました。

 

メタボはご自身だけではなく、家族も苦しめます。

お腹がベルトに乗るくらい脂肪がついていることは体にいいことはありません。

 

つきすぎた内臓脂肪は体に異常な状態を引き起こします。

内臓脂肪はインスリンの働きを悪くする物質を分泌し、動脈硬化を促進させます。

その結果、脳梗塞や心筋梗塞という死につながる病気を引き起こすのです。

 

また、インスリンの働きが悪くなり、高血糖になると糖尿病やがんになる確率も上がります。

 

 

メタボ予防に生活習慣の改善

 

 

メタボ予防には生活習慣を改善するしかありません。

まずは日常の運動量の見直しです。

皆さんは1日に何時間歩いているでしょうか。

 

メタボリックシンドロームの予防ガイドラインには

1日1時間以上の歩行(家事などを含む)を推奨しています。

それに加えて週に一度、下半身を中心に筋力トレーニングすると、脂肪がつきにくい体にすることができます。

また、下半身に筋肉がつくと転倒することがなくなり、将来寝たきりになる可能性も少なくなります。

 

食事はバランスよく過不足なく摂ることが大事です。

 

同ガイドラインには

・主食を5~7つ

・主菜を3~5つ

・副菜を5~6つ

・乳製品2つ

・果物2つ

 

1日に取るよう推奨しています。

 

しかし、このガイドラインは多少わかりづらいので

私は14品目の食事をバランスよく摂ることをお勧めしています。

 

14品目の食事とは

穀物・肉・魚・濃い野菜・淡色野菜・豆製品・乳製品・卵・海藻類・果物・イモ類・キノコ類・油脂類・嗜好品

を1日に一回ずつ取る方法です。

 

この食事法にすると体脂肪が減り、筋肉がつきやすい体にすることができます。

 

 

メタボは他人事ではない

 

 

今回のセミナーで感じたことは「メタボは他人事ではない」ということです。

スライドを作っている時に、「糖尿病の疑いがある人が1000万人を超えた」というニュースがありました。

また、平成28年度の国民健康栄養調査によると、日本の肥満人口は全く減っていないことがわかりました。

 

食事をバランスよく摂り、運動を適度に行う

当たり前の健康法ですが、これができていないのが日本の現状です。

 

このセミナーに参加した方に最後に一つお願いをしました。

それは「セミナーの内容をご家族やご友人に伝えてもらうこと」

 

そうすることでメタボに関する知識が増え、家族や地域ぐるみで予防する動きが高まるでしょう。

私がしていることは小さなことですが、この動きが少しでも広まれば嬉しく思います。

 

最後になりましたが、セミナーにご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

今回のセミナーで何かを持ち帰っていただければ幸いです。

 

イベント メタボ

30歳で糖尿病に

 


西荻窪・千歳烏山のお腹瘦せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

もし、 メタボと診断されてしまったら、まず意識しなければいけない病気はなんでしょうか。

 

それは糖尿病です。

 

糖尿病は

インスリンが分泌できない1型糖尿病

インスリンの効き目が弱くなる2型糖尿病

の2種類があります。

 

どちらも血糖値のコントロールがうまくできなくなり、体を蝕み、最悪、命を落としてしまう病気です。

では、何が怖くて、どうすれば病気を予防できるのか?

 

今回は2型糖尿病の予防を前提にお話を進めていきます。

 

 

30歳で糖尿病に

 

 

私が通っていた学校の後輩A君は学生の頃から自身の体型を気にしていました。

身長は170㎝ないにも関わらず、体重は約80kg 。

友人にも体型のことを良くからかわれていました。

 

彼が肥満体型だったのは

・普段から運動をまったくしないこと。

・揚げ物を好み、毎日のようにお酒を飲んでいたこと。

が理由です。

 

もちろん、体型のことを気にしているくらいなので

自分なりにダイエットに挑戦していましたが、一人ではうまくいくことはありません。

何度もリバウンドを繰り返していました。

 

私もできるだけアドバイスをしていましたが

残念ながらそのアドバイスは聞き入れられることはなかったようです。

 

ある時、久しぶりに彼から電話がありました。

電話を受け取った第一声目は

病院で糖尿病と言われてしまいました・・・」でした。

その声は小さく、悲しそうだったのを覚えています。

 

ちょうど彼は30歳になったばかりです。

働き盛りといわれる年代になる前に深刻な病気と一生涯付き合うことになってしまったのです。

 

糖尿病というと40代以上の人がなるイメージがあるかもしれません。

しかし、生活習慣病という通り、年齢ではなく普段の生活習慣が病気になるリスクを上げるのです。

 

A君の場合は

運動習慣がなかったこと

不摂生な食生活

 

が糖尿病を招いてしまったといえます。

 

 

薬を飲むリスク

 

 

糖尿病は進行性の病気です。

薬を飲むことで進行を遅らせることはできますが、残念ながら完治することはありません。

 

そして、そのまま進行してしまうと

 

失明してしまうかもしれません

足を切断することになるかもしれません

一生透析を受けることになるかもしれません

 

また、糖尿病は動脈硬化を促進します。

その結果、心筋梗塞や脳梗塞という突然死を招くのです。

 

そして、薬を飲むことにも多少のリスクがあります。

血糖値が極端に下がってしまうと死亡する確率が上がるからです。

 

糖尿病は生活の質が大きく下げ、最悪命を落とし、かつ治療が非常に難しい病気といえます。

 

 

運動を続けることで病気は予防できます

 

 

本当に恐ろしい糖尿病ですが、運動とバランスのいい食事を続けることで予防することができます。

 

「血糖値を必要以上に上げない」ことが糖尿病を予防するポイント。

食後に散歩をしたり、家事をすることは血糖値を上げない方法です。

また、野菜から食事を摂るように「食べる順番」を気を付けると血糖値が上がりにくくなります。

 

しかし、根本的には筋肉をつけていくことが一番の予防です。

私のお勧めは筋力トレーニング14品目食事法

 

筋力トレーニングを続けていくと

・太りにくい体になります。

・血糖値が上がりにくい体になります。

・心筋梗塞や脳梗塞を予防できます

 

また、14品目の食事は筋肉がつきやすく、脂肪がつきにくい食事の取り方です。

 

 

日本人の約1割が糖尿病です

 

 

現在の日本は約6人に1人がメタボリックシンドロームで苦しんでいます。

そして、糖尿病の一番の原因はこのメタボです。

 

この記事を書いているときに、糖尿病の疑いがある人が約1000万人を超えたというニュースを見ました。

 

つまり、日本人の12人に1人は糖尿病であるということです。

また、厚生労働省の調査によると「年齢を重ねる」ほど糖尿病の人が多い

ということも分かりました。

 

A君の例をみていただくとわかるようにメタボと糖尿病の原因は生活習慣です。

「ベルトに乗るくらい」お腹が出ている人は今すぐに生活習慣を見直しましょう。

一生の病気で苦しむことがないように。

 

 

病気にならない生き方をお伝えします

 

 

メタボリックシンドロームは体を蝕む恐ろしい状態です。

最悪、命を落とすことになります。

そして、残された家族はその悲しみを背負うことになります。

 

自分の大切な人たちを悲しませないために真剣に病気のことを考えてみませんか?

9月30日、家族を守りたいあなたのお越しをお待ちしています。

 

 

 

『家族を幸せにする40代の脱メタボセミナー』

 

日時:9月30日(土) 13時~15時

場所:東京都新宿区(詳細はお申込みいただいた方のみお伝えします)

人数:10名 → 残り3名

料金:5000円

対象:メタボリックシンドロームでお悩みの40代以上の男女

申込期限:9月28日

 

お申し込みはこちら

 

 

セミナーに参加する

 

 

 

メタボ 健康

40代のための脱メタボセミナーを開催します

 


アマゾンランキング6冠達成!

「40代肥満男性の体が変わる正しい食事」発売中!!

 

西荻窪・千歳烏山のお腹瘦せダイエット専門トレーナーの小森祐史です。

 

久しぶりのブログ更新です。

9月はパーソナルトレーニング指導に加えて、勉強会もあったため、慌ただしく動いていました。

 

今年から、電子書籍の出版を始めたわけですが、それにはある考えがあります

少し長い文章になりますが、お読みいただけますと幸いです。

 

 

健康診断の問題点

 

 

 

健康診断で痩せるように言われましたが、何をすればいいか分かりません

初対面のクライアントの方が必ず仰っている言葉です。

 

40代の方は体重が20代の頃と比べて体重が増えてしまったことに悩まれています。

中には糖尿病の一歩手前まで来てしまっている方もいます。

 

ここまで深刻な状況になってしまっているのに国や企業は健康管理を何もしていないのでしょうか。

 

いいえ、それは違います。

国や企業では医療機関に委託して健康診断を実施しています。

 

そこで「体重」「BMI」「血糖値」「体脂肪率」を測定して

メタボリックシンドロームにならないよう事前に予防活動をしています。

 

しかし、ここに健康診断でできることの限界があります。

健康診断では体の「問題」を見つけられますが、その「解決法」を伝えられていません。

 

解決法が分からなければ、人は行動を起こすことができません。

そこで、解決を見つけるためにパーソナルトレーニングを受けに来られる方がいるわけです。

 

運動が健康のためにいい・・・とはわかっているけど

と考えていらっしゃる40代の方は多いのではないでしょうか。

 

 

20代と違い、40代には40代のダイエットがあります

 

 

ここ最近は20代の方が積極的に筋力トレーニングされている印象を受けます。

有名なトレーナーや俳優さんに憧れて始めた方も多いようですね。

SNSや自身のHPでトレーニングの様子を公開されている方もいますが

中にはトレーナでもあまりしないような高度な筋力トレーニングを見かけることもあります。

 

では、20代の方がされているような難しいトレーニングを40代の方がする必要があるでしょうか。

答えはNOです。

 

運動をしていない場合、筋肉は30代から1%づつ落ち始め、

40歳になる頃には10%落ちています。

 

筋肉が落ちた状態で20代の頃と同じ運動をすることはできません。

まずは、落ちている筋力を取り戻すことから始める必要があります。

そこで必要なのは、体に負荷をかけすぎない筋力トレーニングと食事習慣の見直しです。

 

筋肉が落ち、生活習慣が悪ければその分体に脂肪がついているので

食事習慣を見直して脂肪を落としながら、筋力トレーニングを続けると体が変ってきます

特に学生以来運動経験がない方はあまりきつすぎるトレーニングから始めない方がいいでしょう。

怪我をすることがありますし、きつすぎる運動は続きません。

挫折する元です。

 

体が変わり始めるまで3か月。

運動習慣もつけるには最低6か月が目安です

 

ここで気をつけていただきたいことは同じ運動や食事を続けてもお腹周りは変わらないということです。

人間の体は複雑なので、必ず、少しづつ内容を変えながらダイエットを続けなければいけません。

 

 

40代のための脱メタボセミナーを開催します。

 

 

パーソナルトレーニングでお伝えしていることを多くの人にもっと知ってほしいと思っています。

その活動の一環として電子書籍を2冊出版しました。

 

生活習慣病や心臓病、命に関わる多くの疾患は運動で予防することができます。

食事習慣を見直しながら、自分にあった運動を続けていけば、なる必要のない病気を防ぐことができます。

 

メタボリックシンドロームは深刻な状態です。

健康診断でメタボ診断を受けた方はすぐに生活習慣を見直してほしいとトレーナーとして強く思っています。

 

しかし、

 

①    メタボリックシンドロームの何が怖いかよくわからない

②    メタボが不安だが、何をすればいいか分からない

 

というのがメタボで悩む人の考え方です。

 

そこで40代のためのダイエットセミナーを開催することにしました。

今回のセミナーでは

 

・メタボになるとなぜ怖いのか

・メタボで家族を不幸にしない生き方

 

この2点をお話していきます。

 

 

『家族を幸せにする40代の脱メタボセミナー』

 

日時:9月30日(土) 13時~15時

場所:東京都新宿区(詳細はお申込みいただいた方のみお伝えします)

人数:10名 → 残り3名

料金:5000円

対象:家族を不幸にしたくない、メタボを改善したい40代以上の男女

申込締め切り:9月28日 → 終了しました。

 

セミナーの詳細はこちらをご覧ください。

 

 

 

セミナーに参加する

 

 

 

9月30日にセミナーでお会いできることを楽しみにしています!

 

 

 

 

イベント メタボ