西荻窪 千歳烏山 ダイエット

西荻窪・千歳烏山「運動が嫌いな40代女性」専門ダイエット指導

【久我山・吉祥寺ダイエット】パーソナルトレーナーが社会から必要とされている理由

 


絶賛ダイエット中
久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。
 
手前味噌ではありますが、パーソナルトレーナーという職業に注目が集まっています。
大手パーソナルトレーニングジムのTVCMやリオ五輪でアスリートの方が活躍したおかげで、この職業がかなり浸透しました。
 
当事者として嬉しいのですが、「一部の人のためのもの」という認識もまだあるようです。
しかし、この職業はこれからの日本社会に必要になると私は思っています。
 
今回は『なぜ、パーソナルトレーナーが今必要とされているのか?』をテーマに記事を書いてみました。
 
 

筋肉が少ないと寝たきりになる可能性が高くなります

 
 
 
かなり大袈裟な表現ですが人の体は筋肉と骨でできています。
 
筋肉を強くするには”筋肉を動かし”、骨を強くするには”骨に刺激を与える”しか方法はありません。
そして、体を変えたい場合は日常よりも負荷の高いトレーニングをする必要があります。
 
しかし、現在の日本社会はどうでしょう。
 
子供が外で遊ぶための場所が減りました。
その代わり家の中で遊ぶことが増えました。
 
子供のころに体を動かすことで骨や腱は成長して、強くなります。
子供の頃から体を動かす習慣が少ないため、今のアスリートは昔のアスリートに比べると腱や骨が弱いと言われています。
 
大人になっても体を動かす習慣の少ない方たちは、もっと深刻な可能性が考えられます。
 
厚生労働省が注意喚起をしている『ロコモティブシンドローム』とは、筋肉や骨が細く弱くなり、将来的に寝たきりになる恐ろしい症状です。
 
そして、その可能性があるのは40代の人と言われています。
これは現在の40代の人が子供のころ、日本社会が豊かになり生活が便利になったことが理由の一つです。
 
体を動かす習慣が子供のころから少ないため、大人になっても『貯筋』残高が少ないのです。
 
 

筋肉を鍛えて病気予防

 
筋肉を鍛えることは将来の健康に大きな効果があります。
 
下半身の筋肉を鍛えると転倒をすることが少なくなります。
特に高齢者の方は認知症を発症する可能性が高くなるので、下半身の筋肉を鍛えることはとても大事です。
 
また、糖尿病やガンなどの重大疾患は適度な運動で予防できます。
 
筋肉を鍛えること=病気の予防です。
 
今、運動をしていない人は将来の健康のためにも運動習慣をつけるといいでしょう。
 
とはいっても、「運動を習慣づけることは難しいし、そもそも何をすればいいか、誰に相談をすればいいかわからない」
と思っている人も多いのではないでしょうか
 
 

パーソナルトレーナーは体を変えるお医者さん

 
 
そこで、私たちパーソナルトレーナーの出番です。
 
パーソナルトレーナーは筋肉や骨、体の仕組みを理解し、体を変えるのに必要な運動や生活習慣を教える専門家。
 
『筋肉を動かして、体を変えるお医者さん』といってもいいでしょう。
 
体調が悪い時はお医者さんに治療してもらいますね。
パーソナルトレーナーは筋肉を鍛えて、病気の予防を指導できる体の専門家です
 
今、健康に不安がある方は是非パーソナルトレーナーに相談をしてみてください!
あなたが明日を元気に生きる処方箋をお渡しします。
 

 

パーソナルトレーニング ロコモ 健康

【久我山・吉祥寺ダイエット】これを読めばわかる!タイプ別食欲コントロール法

 


絶賛ダイエット中
西荻窪、千歳烏山の「お腹痩せダイエット」専門トレーナーの小森祐史です。
 
ダイエットに不可欠な食事のコントロール。
続けようと思ってもなかなか難しいものがありますね。
 
せっかくダイエットを続けているのに、その一口がやめられずどうしても食べてしまう。
自分は『意思が弱い人間だ』と自暴自棄になる方も多いのでは。
 
 
しかし、
『食欲がコントロールできないのは「意志」が弱いからではなく○○だから』
というとみなさん驚かれるかもしれません。
 
これを読めば、あなたも食欲をコントロールする方法がわかる。
今回はそういう内容の記事です。
 
 

人には3つの食べ方がある

 
 
あなたの習慣によって、ダイエットに必要な食べ方が変わってきます。
 
まずは、下の簡単な質問に答えてください。
 
『あなたの食べ方は?』
 
①お腹がすいたら食べる
②お腹が空いていなくても、時間になれば食べる
③お腹が満たされていても、満足できず何か口にすることがある
 
『①お腹がすいたら食べる』
 
①の方は「補給系」というタイプの食べ方です。
 
本来、生物はお腹が空いたら食べるという行動が体にインプットされています。
これは、餓死を防ぐために生物が持っている食欲のコントロール法。
 
体の中の血糖値が下がり、脂肪酸が分泌されると、脳から食事を取るよう命令が出ます。
食事をとると血糖値が上がり、インスリンが分泌されます。
インスリンが分泌されると今度は脳が食事をとるのをやめるように指示をします。
 
このように「補給系」の人は脳が食欲をコントロールできているので、食べすぎを防いでいます。
カロリーオーバーになることが少ないので、太りにくいタイプの食べ方といえるでしょう。
 
『②お腹が空いていなくても、時間になれば食べる』
 
②の方は「習慣系」というタイプの食べ方です。
 
1日に3食、決まった時間に食事をとる人はこのタイプの方が多いです。
本来、人間の体調によって毎日必要なカロリーは変わりますが、「習慣系」の人は時間になれば食事をとるのでカロリーオーバーになります。
 
これは現代の『1日3食』という生活習慣が生み出した食べ方といえるでしょう。
 
『③お腹が満たされていても、満足できず何か口にすることがある』
 
③の方は最も太りやすい「報酬系」というタイプで、間食が多い人はこのタイプです。
 
①②で説明したように、体調に併せて食事の量は変わりますが、それを調整しているのは脳です。
③のタイプの人は脳がうまく働かないため、食欲をうまくコントロールできていないのです。
 
なぜ、脳がうまく働かないのか?
それはドーパミンというホルモンが関係しています。
 
ドーパミンは「報酬物質」と言われ、分泌されると人は快楽を感じます。
報酬系の人は食べることでこのドーパミンを分泌させています。
 
食べ物を食べる → 食べ物が美味しいとドーパミンが分泌される → さらに美味しい食べ物がないか探す
 
という風に満腹かどうかは関係なく、「ドーパミンを分泌させる」ために食事をとります。
その結果、カロリーがオーバーし体重が増えてしまうのです。
 
 

タイプ別食欲コントロール法

 
②のタイプの人は生活習慣として食事の時間が入っているので、その習慣を見直してあげるのがポイントです。
 
自分にこう問いかけましょう
「自分は本当にお腹が空いているのか?」
 
お腹がすいていると感じたら食べればいいし、そうでなければ食べなくてOKです。
人は必ずしも1日に3食たべる必要はなく、1日食べなくても死ぬことはありません。
 
まず、お腹が満たされているかを考えながら食事をとるようにしましょう。
 
こうすることで体重が落ち、次第に体が引き締まってきます。
 
③のタイプの人は報酬行動を減らすのがポイントです。
自分の食事を見直して、報酬としての食事をとる回数を決めましょう。
 
例えば、報酬行動が1日に3回 → 1日に2回 → 1日に1回→ 3日に1回
 
このように計画的に減らしていけば体重は落ちてきます。
脳が食欲をコントロールできないのであれば、計画的に報酬行動を減らしてカロリーをコントロールすればいいのです。
 
さて、記事の冒頭で書いた
『食欲がコントロールできないのは「意志」が弱いからではなく○○だから』
 
○○に入るのは何か予想できたでしょうか。
あえてここでは正解を書きませんが、この記事を読めばあなただけの正解が出てくるはず。
ぜひ、自分だけの正解を考えてみてください。
 

 

ダイエット 食事

【久我山・吉祥寺ダイエット】ダイエット1ヵ月経過

 


久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。

 

今回は1月7日から実施しているダイエットの経過をお話しします。

2月3日で4週間が経過しました。

 

ダイエット開始の記事はこちら
ダイエット記録はこちら

 

今回は1月7日(土)~2月3日(金)までを振り返ってみます。

 

 

体重の落ちは順調。しかし・・・・

結論から言うと、体重は順調に落ちました。

 

1月7日 68.4㎏
1月13日 68.2㎏  
1月20日 67.9㎏
1月27日 66.5㎏

 

しかし、ここで一つ問題が。
どうも力がでない。

 

トレーニング中だけでなく、デスクワークでも少し集中力が切れる。

体重が1月20日~27日で1.4㎏も急激に落ちたのも気になりました。

 

炭水化物が少なかった日に上記の自覚があったので、食事の内容を見直し1月28日から一回の穀物の量を増やしました。

 

具体的には

 

朝 ごはん 茶碗一杯 → 大盛
昼 ごはん 茶碗一杯 → 大盛
夜 ごはん 茶碗一杯 → そのまま

 

朝と昼は体を動かすので多めに。

 

穀物などの炭水化物は体を動かすエネルギーですが、脳のエネルギーでもあります。

もし仕事中に集中力が切れる感じがしたら、その日の朝や昼の穀物の量を増やしてみてください。

 

 

疲労で胃腸の状態が

お腹を両手で押さえる男性

 

1月31日~2月2日まで胃腸の調子が悪く、空腹感がまったくなくなってしまいました。
おかげでその時期は栄養補助食品とプロテインしか飲んでおりません。

 

検査の結果ノロでもインフルエンザでもなかったので、普通にトレーニングの指導はさせていただいております。
お腹の膨満感のほか特に自覚もなかったので、仕事にはまったく影響がなかったのが幸いでした。

 

原因は今でもよくわかりません。

指導以外の書類づくりや打ち合わせが多かったことで、知らないうちに疲労がたまっていたのかもしれません。

それ以来、仕事の量は少しセーブしてしっかりお休みを摂るようにしています。

 

 

1か月ではあまり見た目は変わらない

少し苦戦もしましたが一か月が経過した2月3日に写真を撮りました。

そちらがこの写真

 

 

1月7日の写真はこちら

 

 

見ていただければわかる通り、ほとんど見た目は変わっていません。
やはり1か月で体の変化を出すことは難しいです。

 

実感としてはお腹周りのつまめる量が少し減ったくらいでしょうか。

 

これから体を変えたい方にお伝えしたいことは、ダイエットをする場合は期間が必要ということ。

目標にもよりますがお客様には6か月とお伝えしています。

この1か月はネガティブな情報が多かったですね。
さらに4週間後の3月3日はもっと変わった体をお見せできるでしょう。

 

この一か月の反省点は食事のとり方と休みの摂り方。

次の1か月はそこを工夫して結果をお見せします!

 

ダイエット 健康