西荻窪 千歳烏山 ダイエット

久我山・吉祥寺「運動が嫌いな40代女性」専門ダイエット指導

【久我山・吉祥寺ダイエット】多くの人にパーソナルトレーニングが必要な時代になりました

 


左手に座っている男性が口を開けている

 

久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。

 

4月中旬に企業様の新入社員研修を担当させていただきましたが、
このお仕事の話をいただいた時、身体を鍛えることの重要性が社会全体に浸透したことを感じました。

 

というのは、私の時代には新入社員研修でトレーニングの話を聞くことは考えられなかったからです。

 

事実、専門の運動指導に対する需要が昨年から増えています。

比較的新しいサービスのパーソナルトレーニングですが、なぜ急激に需要が高まったのでしょう?

 

この記事では

 

・昨年以降パーソナルトレーニングを受ける方が多くなった経緯
・多くの人に専門的な運動指導が必要な理由

 

を解説します。

 

 

この一年でパーソナルトレーニングのお問い合わせが増えました

ノートパソコンの画面に手紙のイラスト

 

2020年は世界全体が危機的な状況に陥りましたが、同時に運動の重要性が実感できた1年でした。

 

外出自粛の影響で

「会社までの通勤がつらい」
「半年で体重が10㎏以上増えた」
「肩こりがひどくなった」
呼吸が浅くなった

 

など、ネガティブな変化があった方がパーソナルトレーニングを受けられています。

 

パーソナルトレーニングは基本的に1対1の指導です。
オンライン指導を行っているジムも多いので、感染症対策として安心感があります。

 

私の場合は昨年の夏ごろからお問い合わせが増えました。
同業者の方にお話を伺っても同じ意見でした。

 

「お金を出して専門家に任せて取り組むほうがいい」という考え方がこの1年で広がっているようです。

 

さらに今はカスタマイズの時代。
スーツやシューズ、さらにはコーヒーのような飲み物まで細かいオーダーが可能です。

 

「自己流のトレーニングでは成果がでない」という感覚が申し込みにつながっているのでしょう。

 

 

このコロナ禍では今まで以上に健康に対する対策が必要です

前述の通り、外出自粛の影響で健康面に問題を感じている方が増えています。
この1年を通して買い物や旅行に行く機会が減った方は多いのではないでしょうか。

 

外出が減ることの最大のデメリットは「体力の低下」です。

 

実際、昨年から健康に関するネガティブなニュースを見ることが多くなりました。

驚いたのは、その中に子共の体力低下や肥満に関する内容もあったことです。

 

あるトレーナーは「20代の人から健康面の不安を相談された」とお話しされていました。

 

ご自身の身体に向き合っていただくためにある統計を紹介します。
下のグラフは「運動習慣のない女性の下半身の筋肉量の変化」を表したものです。

 

タイトル「女性の下半身の筋肉量」のグラフ

 

20代の筋肉量を100とすると、年を重ねるごとに筋肉量が落ちているのがわかるでしょうか?

 

とくに顕著なのが40代以降。
私が40代以上の女性にスクワットをおすすめしているのは、筋肉量を落とさないためです。

 

しかしこのグラフはあくまで過去のもの。

 

状況が変わらなければ、より早いスピードで筋肉が落ちることは想像に難くありません。

このコロナ禍では今まで以上に健康に対する対策が必要です。

 

 

多くの人にパーソナルトレーニングが必要な時代になりました

椅子に座る女性の後ろに立つ男性

 

20代の方や子どもの体力低下の例を見ると、専門的な運動指導が必要なのは明らかです。
それ以上の年代の方はなおさらでしょう。

 

人の身体は200個の骨と600の筋肉が複雑に組み合わさっていて、身体の作りは一人ひとり違います。
また、トレーニングを始める目的も人それぞれ。

 

以上を踏まえると、多くの人にパーソナルトレーニングが必要な時代になったといえるのではないでしょうか。

 

以前までパーソナルトレーニングはアスリートや俳優、富裕層など特定の方たちがつけるイメージが強かったと思います。

ですが、今はそのような時代ではありません。

 

一般の主婦の方や会社員。
さらには子供も専門家から運動指導を受ける時代です。

 

「効果は期待できそうだけど高いから無理」と感じる方は頻繁に受ける必要はありません。

 

月に1~2回トレーニングを見てもらい、作成してもらったトレーニングを続ける。
という方法でも十分成果は出せます。

 

「体重が急激に増えてしまったので、何とかして戻したい」
「運動しなきゃいけないのは分かるけど、何をすればいいかわからない」

 

という方は、ぜひ『運動が嫌いな40代女性専門ダイエット指導』をご検討ください。

 

あなたにぴったりのトレーニングをご案内し、このコロナ禍でも健康な生活が送れるようサポートします!

 

 

bottum3-3

 

 

 

ダイエット パーソナルトレーニング

【久我山・吉祥寺ダイエット】子供も大人も体幹トレーニングは必要です

 


マスクをした人たちが正面を見ている

 

久我山・吉祥寺の『運動が嫌いな40代女性』専門パーソナルトレーナー 小森祐史です。

 

4月4日に開催された『立川市主催 ジュニア育成新体操実技講習会』にて、子どもたちに体幹トレーニングの講習をしました。

体幹を鍛えることの重要性は皆さんご存知だと思いますが、実は正しい方法でできる方はそれほど多くありません。

 

インナーユニットとは?
腹横筋を常に意識するためには?

 

この講習会では”新体操の成績を上げる本当の体幹トレーニング”を子供たちにレクチャーしました。

今回は講習会の様子と合わせて、体幹トレーニングの重要性を改めてお伝えしたいと思います。

 

体幹トレーニングに関する他の記事

【久我山・吉祥寺ダイエット】体幹トレーニングでダイエットはできませんがこんなにメリットがあります。

【久我山・吉祥寺ダイエット】実践!体幹トレーニングで強い身体を作ろう①

【久我山・吉祥寺ダイエット】実践!体幹トレーニングで強い身体を作ろう②

 

 

子供たちに体幹トレーニングを教えることになったきっかけ

体育座りをする女性たちの前で話す男性

 

今回お話をいただいたのは立川市新体操連盟の皆様。

新体操をしている子供たちに「正しい体幹トレーニングをレクチャーしてほしい」というご依頼でした。

 

体幹トレーニングを正しく行うポイントは『動き』にあります。

 

「横隔膜」「腹横筋」「多裂筋」「骨盤底筋群」の文字と人の解剖図

 

インナーユニット(横隔膜・腹横筋・多裂筋・骨盤底筋群)と呼ばれる体幹の筋肉は、身体を曲げたり、反ったりすることで鍛えられるわけではありません。
お腹を凹ませる」「肛門を閉める」という繊細な動きでしか鍛えることができないのです。

 

そして子どもと大人では言葉の使い方・感じ方が違うので、専門用語を使っても正しい体の動かし方を伝えることはできません。

そこで実際に身体を動かしながらインナーユニットの使い方を覚えてもらう。
これが今回の講習会の目的でした。

 

 

新体操に体幹トレーニングが必要なわけ

足を持ち上げる数人の女性たち

新体操は手具を使いながら音楽に合わせてリズミカルな演技を行い、芸術性を競う競技です。
しなやかで洗練された美しい動きと、躍動感あふれるダイナミックな動きの中に絶妙な繊細さが合わさっています。

 

その動きを実現するには柔軟性と筋力、バランス力が必要であり、これは子供のうちからトレーニングを続けなければ身につきません。

そして柔軟性が高いことは競技上必要なことですがデメリットもあります。

 

それは関節や靭帯に負担がかかること。

実際、腰を大きく動かす10代の新体操選手は腰痛を抱えていることが多く、これが将来の健康に影響を及ぼすこともあるのです。

 

そこで必要なのが体幹トレーニング。

 

インナーユニットの一つ『腹横筋』は、脊柱の周りを取り囲む「コルセット」のような形をしています。
この天然のコルセットは身体を反ったり、丸めたりするときに関節や靭帯への負担を和らげるクッションの役割を果たしています。

 

つまり、腹横筋を鍛えることは競技を長く続けるためのキーポイントになるわけです。

 

また、腹横筋を鍛えると脊柱が安定するので姿勢が美しく見えます。
片足立ちになった時もバランスが良くなり、芸術性という面でもメリットがあります。

 

実際、体幹トレーニングを指導した結果「バランスが良くなった」「姿勢が良くなった」子供が今回の講習会では多く見られました。

 

 

子供も大人も体幹トレーニングは必要です

帽子をかぶった男の子と女性とボール

 

小学生~中学生は身体の使い方を学ぶ時期といわれています。

 

走り方やボールの投げ方、そこに体幹の使い方を覚えることで運動能力がさらに上がることは間違いありません。
子どものうちから、ぜひ体幹トレーニングに取り組んでほしいと思っています。

 

そして大人の方も体幹トレーニングは必要です。
インナーユニットは「姿勢」「呼吸」「排泄」と関係があり、この筋肉群が弱くなると日常生活の質が落ちます。

 

ただでさえ、このコロナ禍の中で身体の機能が衰えている人が多くなりました。
体幹トレーニングはお部屋の中でできますから、今この時期にぜひ取り組んでください。

 

長く続くテレワークの影響で「姿勢が悪くなった」「腰痛になった」という方におすすめです。
詳しい方法はこちらの記事をお読みください。

 

【久我山・吉祥寺ダイエット】体幹トレーニングでダイエットはできませんがこんなにメリットがあります。

【久我山・吉祥寺ダイエット】実践!体幹トレーニングで強い身体を作ろう①

【久我山・吉祥寺ダイエット】実践!体幹トレーニングで強い身体を作ろう②

 

普段大人に指導している私にとって、子どもたちがフィジカルトレーニングに取り組む姿はとても新鮮でした。

 

大人になってから身体の動かし方を学ぶ機会は少ないので、子どもの時からこういう機会がもっと増えるといいですよね。

今後も子ども向けの指導は積極的に取り組んでいきたいと思います。

 

最後になりましたが、立川市新体操連盟の皆様、フィジカルトレーナー協会の皆様、この度はご依頼をいただきありがとうございました。

 

 

 

イベント ケガの予防 トレーニング